ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. ただいまテスト期間中

    勉強が苦手な私にクラスメイトの裕くんが面倒を見てくれている

    下校時間までに過去問を解き終えたらご褒美があるとかなんとか

    何かは知らないけど、、、

    そもそも、クラスで人気な彼がなんで私みたいな平々凡々な奴にわざわざ付き合ってくれているのか

    「この問4わかる?」

    いけない、ぼーっとしてた

    「な、なんとか」

    そしてやっとのこと、無事終わり、

    午後6時

    そろそろ帰らなければ

    すると急に裕くんが手を伸ばして私の頭の上にぽんっとのせる

    「お疲れ様、これでテストも安心かな」

    これはやばい、非常にやばい

    このままいくと恥ずかしすぎて爆発する

    「あ、ありがとうございました!」

    思わず敬語になり、足早にその場を立ち去る私

    「赤点とったらお仕置きかな?」

    と、彼が独り言を呟いてたなんてその頃の私は知る由もない

    きゅん

    4

    Ninohaさんをフォロー

    通報する

▲