ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今は、放課後今日はすぐには帰れない
    何でかというと、図書広報委員をやっていてやらなければいけないことがあるからです。 その為、一緒に帰ろうと言っていた幼馴染の諒太の誘いを断るしかありませんでした。 誘われたのは昨日に遡ります。
    昨日の放課後

    ねえ、明日一緒に帰ってくれる?

    別にいいけど、急にどうしたの?

    それは、明日のお楽しみ

    今日の朝

    諒太ごめん昨日、一緒に帰るとか言ってたけどこのあと図書広報委員でやること出来ちゃて帰れないから帰ってていいよ。

    いいよ。 終わるまで待ってるから

    遅くなるから、帰ってて

    そこまで言うならそうするよ。

    放課後
    夕日も傾き始めた頃
    そろそろ帰らないと暗くなっちゃう

    ドアを開け帰ろうとしたとき、目の前に人影があったそれは諒太だった。

    今まで待ってたの?

    うん。
    話したいことがあったから

    何?

    俺、お前のことか好きだ!
    付き合ってくれ

    きゅん

    3

    エマっちさんをフォロー

    通報する

▲