ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 『どうしてそんな可愛い顔するの?』

    駅前の巨大モニターから聞こえた声はよく知る幼馴染のものだった。

    新作ルージュのCMで流行りのモデルを2人も起用した話題のそれ。近くにいた女の子たちがきゃあきゃあ言いながら動画を撮っている。

    『その赤から、目が離せない』

    昔は泣き虫で、へたれで、私の後ろばかりついてまわってたくせに。いつの間にか背も伸びちゃって売れっ子モデルって少女マンガかって。

    「…ねえ、画面ばっかり見つめてないでよ」
    「い、いつ来たの…?」
    「CM始まったくらいから」

    帽子とメガネでなけなしの変装をした彼が後ろに立っていた。

    「せっかく本物がいるのに気付いてくれないなんて寂しいなぁ俺。ねえ、もしかしてCMにやきもちやいたの?」

    「ちが…」

    「俺こんなに一途なのになあ?」

    にっこりと笑う彼から目がそらせない。

    「どうしてそんな可愛い顔するの?」

    きゅん

    6

    守村 肇さんをフォロー

    通報する

▲