ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「ばか」

    「お前がな」

    「可笑しいじゃん…こんなとこで」

    「何が?」

    彼が悪巧みをするような笑みをつくる。

    学校で誰もいないからってキスとか可笑しい。

    「恥ずかしいし…こんなの」

    「それが可愛いんじゃん」

    またそーゆー事を…。

    「というかもっとすごい事してもいいんだよ?」

    クスッと笑うように言う彼は意地悪だと思う。

    「ばか」

    「へーへー」

    悔しいから私もバカになってやろうじゃんか。

    彼に近づき頬に口を。

    「どうだばーかばーか」

    真っ赤な顔でからかってみる。

    「…反則だバカ…」

    彼も耳が赤くて喜んでると後悔させる一言。

    「襲うぞばかが」

    「!?」

    この後彼に20発は殴った。

    きゅん

    6

    莉乃727さんをフォロー

    通報する

▲