ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日は私の誕生日なのです!
    が、私の誕生日なんか大輝は知らないだろうな。
    そう、私は大輝のことが好きなのです!
    同じクラスだけどお祝いの言葉など聞くこともなく大輝が入ると聞いてバスケのマネージャーになった部活の時間。
    大輝 「おい、昨日忘れ物してたぞ」
    私  「あ、ごめん。後でとりに行くね」
    私は思い当たる物がないが、一旦とりに行くことにした。
    私  「ごめん、忘れ物とりに来たんだけど、なに忘れたか思い出せないんだよねー」
    大輝 「はぁー、お前なに忘れたか思い出せないのかよ。」
    そう言って渡されたのは綺麗にラッピングされた袋だった。
    私  「こんなの持ってないよ」
    大輝 「いいから開けてみろ」
    開けてみると可愛いネックレスだった。
    大輝 「誕生日おめでとう」
    私  「なんで知ってるの?」
    大輝 「好きだからに決まってるだろ」
    最高の誕生日プレゼントをもらいました!

    きゅん

    5

    こづつみさんをフォロー

    通報する

▲