ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 4件ヒットしました

  2. 今は、数学の授業中。

    数学は、よく分かんないし嫌いだ。

    だから今退屈で隣の席の私の好きな人をチラ見しまくっている。

    好きな人が隣とか最高。こうして蒼くんを授業中眺めたりするのも唯一の楽しみだったりする。

    すると、私が蒼くんを見ているのがバレたのか、私の方に顔を向けた。

    蒼くんが私の事をじっと見つめてくる。これじゃ立場逆転だ。

    そして、好きな人に見つめられて恥ずかしくならないわけがなく私の顔は真っ赤っか。

    恥ずかしすぎて思わず蒼くんから目をそらす。

    不意に蒼くんが口を開いた。

    そして私に小声で、

    私の唇を拭いながらこう言った。

    「もしかしてだけど、口紅変えた?」

    「えっ?うん。なんで分かったの?」

    「えっ?あぁー。いつもに増して辻さんが可愛かったからかな。」

    蒼くんが私を可愛いつて言った…?

    ねぇ。蒼くん。私期待してもいいですか?

    今夜は眠れそうにありません。

    きゅん

    3

    らむちょ(^^)さんをフォロー

    通報する

  3. 「うわぁ〜ん。」

    私、失恋しました。多分。いや絶対そう。

    帰りに廊下通ったら広がいて、告白されてた。

    それはまぁ、女の子が広にキスしてたらそれは確信ですよね。

    そして、私の口から言葉が溢れ出てきた。

    「ひろー!大好き。なんで女にキスされてんだよ。バーか。広のバカ。バカバカ。」

    ガラガラ

    「お前、バカバカ言ってるとカバになるぞ。」

    「えっ?広、なんでここにいるの?女の子は付き合ってるんじゃないの?」

    「付き合ってない。俺、好きな人いるし。」

    「えっ?じゃあなんでキスしてたの?」

    「お前見てたのかよ。あれは、女から勝手にしてきた。この際だから言うけど俺、お前が好きだ。」

    「私も好き。」

    「知ってる。お前の声廊下まで響いてた。」

    その言葉と同時に涙が零れてきた。

    これは悲しい涙なんかじゃない。

    好きな人と両思いだっていう喜びの涙。

    今夜は眠れそうにありません。

    きゅん

    2

    らむちょ(^^)さんをフォロー

    通報する

  4. 「ねぇ。」

    「どうしたの?」

    「昨日、瑠花と一緒にいた男誰?」

    「あー。田中君のこと?ただの友達だよ。もしかしてヤキモチ妬いた?へへっ。可愛い。」

    「……」

    俺は、瑠花のことになると歯止めが効かなくなる。

    俺は、絶対束縛男になりたくないのに。

    でも、瑠花は、ありのままでいいって言ってくれた自慢の彼女だ。

    「あれ?ごめんね。奏多は、そういうのないもんね。」

    はぁ。瑠花は、どれだけ俺を惚れさせれば気が済むんだ。上目遣いとかずるいでしょ。

    俺は、瑠花を壁にドンと押し付けた。

    「俺も、ヤキモチぐらい妬くし。しかも、可愛いのはそっちだろ。」

    そう言って、彼女の唇にキスを落とした。

    当然彼女の顔は俺と同様真っ赤っか。

    俺の彼女は、可愛すぎて困る。

    そして、俺はこの日改めて瑠花を絶対に幸せにしてみせると心から誓った。

    きゅん

    6

    らむちょ(^^)さんをフォロー

    通報する

  5. 「だ〜れだ?」

    そう言って彼は、私の顔に手を覆いかぶせる。

    私の顔は、一瞬にしてぶわっと赤く染まった。

    「もう。わかるよ!真宙でしょ?」

    「正解〜!一緒に帰ろ。って何で顔赤くなってんの?なんかタコみたい。」

    「タコってなによ。真宙のバカ。私、もう知らないんだから。」

    こんなに些細なことで赤くなる私。そう、私は、真宙に恋をしています。

    「おい。ちょっと待てよ。」

    これは私なりの意地悪。

    一応これでも真宙とは幼なじみだし真宙が不器用なのは知ってる。

    でも、さっきの仕返しのつもりで私だって意地悪してやるんだから!

    「だから、最後までちゃんと話聞けって。」

    そう言って、真宙は、私をドンと壁に押し付けてこう言った。

    「照れてるお前も可愛い。」

    私の顔は、もはや茹でダコ。

    壁ドンしてきたり、不意打ちで可愛なんてずるい。

    これって脈アリかな?私、期待してもいいですか?

    きゅん

    1

    らむちょ(^^)さんをフォロー

    通報する

▲