ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 4件ヒットしました

  2. 自分(ガサゴソ…(カバンに荷物を入れている))





    ~隣のクラスの拓也(彼氏)が教室に入ってくる~


    拓也「まーだ準備してたの?」
    自分「女の子は準備に時間がかかるんですぅー」











    拓也「早くしろよー」
      「…じゃないと二人でいる時間が減るだろ(小声)」

    きゅん

    1

    tosshiさんをフォロー

    通報する

  3. ~お昼休み~


    お昼ご飯を食べ終わってのんびりしてると・・・
    「ねぇ」
    「なにー」
    「膝枕して」
    「いいけ...えぇ!!ひっひざまくら!?」
    「うん、ひざまくら」
    「いいけど...」


    ストン...


    「おまえのやわらかい」
    「おい」
    「そんなつもりで言ってない」
    「そうですかー」
    「だっておまえの太ももフニフニしてるん...」
    「うん?」
    「スースー...」
    「寝ちゃってるし...まぁいっか」




    いつもクールな彼が少し甘えたになるのは
    幼なじみであり彼女である私だけの特権だね。

    きゅん

    2

    tosshiさんをフォロー

    通報する

  4. 「ふぅー、そろそろ帰るかー」
    「なぁーいっしょに帰ろぜ」

    「「あっ」」

    「べっ、べつにいいけど///」
    「サンキュ」




    ~帰り道~

    (手をギュッ///)


    「ひっ、ひさしぶりだねいっしょに帰るの///」
    「そうだなぁー、まぁ俺は毎日いっしょに帰りたいけど」
    「だいすき///」
    「俺も」(チュッ♡)
    「んっ、ちょっちょと!まだ帰ってる途中なんだけど///」
    「おまえがかわいくてつい」
    「んもぅ///」

    きゅん

    8

    tosshiさんをフォロー

    通報する

  5. ~放課後~

    「じゃあ、この問題解いてみて」
    「わかった」

    私は今、絶賛補習中(泣)
    なんでこんな点数取ったんだろう~


    (全然わかんない...)

    「どうした?手止まってるぞ」
    「全然わかんない(泣)」
    「正直でよろしい」(頭ぽんぽん)

    (かぁ///照)


    「ここはこうやってやれば解けるぞ」
    「できた!!ありがとう、先生」
    「どういたしまして」(頭ぽんぽん)
    「じゃあ次の問題頑張ってやってみて」
    「うん!!」









    「せんせぇ~」
    「なに?わかんないか?」
    「だいすき♡」
    「んちょっ///不意打ちにいうな(照)」

    きゅん

    3

    tosshiさんをフォロー

    通報する

▲