ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 「おはよー」

    「おはよう昴!」

    私の彼氏昴は学校一のイケメンなんだ!

    「昨日誰かに告白されてなかった?」

    ビクッ

    「えー?」

    「こ、告白なんか私がされる訳ないじゃんあはは………」

    ギロり

    「お前が俺に嘘つけるとでも思ってんのか?」

    「俺見ちゃったんだよね~お前が告白されてるとこ」

    「それに抱きしめられてなかった?」

    ひいっ

    「抱きしめられました…………」

    ちっ

    「告白されるならちゃんと言えよ…………変なお邪魔虫が付くじゃん………」

    「えっ?なんて言った?」

    「いやなんでもない」

    と言ったと思ったら……

    首筋にちりっと痛みがはしった。

    「イッ」

    「えっ、何した?」

    「虫除け」

    チュッ

    「不意打ち……」

    「お前は俺だけ見てればいいんだよ」

    昴の独占欲はかなり強い………

    きゅん

    10

    流愛‪‪❤︎‬さんをフォロー

    通報する

  3. 「ひーなちゃん!」

    「わっ!」

    突然後ろから抱きしめられた。

    私はこの犯人を知っている。

    「辞めてよ昴」

    「んー陽菜ちゃんいい匂いするー」

    人の話聞いてないし…

    「ねぇ陽菜ちゃんこっち向いてよ~」

    「何っ?」

    チュッ

    「陽菜ちゃんの唇、おいしー」

    やっぱり、昴には勝てないみたいだ。

    きゅん

    1

    流愛‪‪❤︎‬さんをフォロー

    通報する

▲