ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 同じクラスになってから密かに気になっている。
    いつも前の席の女の子と楽しそうに手紙交換したり、しゃべってたり…私はそれを眺めるだけ。
    じっと見つめているのに、全く気づくそぶりがない。
    そんなのが当たり前だったのに、急に私に手紙を回してきた。
    何を書いてるんだろう?
    紙を開くと、
    『そんなに見つめられると恥ずいんだけど、どうしたの?』
    と書いてあった。
    かぁぁぁと赤くなる私の顔。
    そんな私を見て彼はクスッと笑った。
    口パクで【かわいいね!】
    もうそのあとはどうしたかわかんない…
    やっと私の青春が動き始めた気がした。

    きゅん

    2

    りんご、ろんげ。さんをフォロー

    通報する

▲