ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. あいつ結菜が、告白されてた。
    ムカつく。俺は、放課後結菜を呼び出した。
    「お前何告白されてんの?」
    わけわかんないみたいな顔してやがる。
    『関係ないじゃん』言うし、わかってねーな。
    「お前は!俺のだろ?」
    「は?」
    「お前は俺のだから他の奴に告白されちゃいけないの。わかるよな?」
    「はぁー。分かった私智樹のになってあげる」
    ほんと、素直じゃねぇー
    「素直じゃねぇーな」
    「お互い様」
    は?お互い様?
    まぁそうかもな。
    こんな、告白されすぎの彼女だけど、結菜俺は大好きだぞ!

    きゅん

    5

    ♡結衣♡さんをフォロー

    通報する

  3. 「お前何告白されてんの?」
    「は?」
    いきなり呼び出して何こいつはバカなことを言ってるんだ?
    私の幼なじみ智樹は私の大事な放課後を無駄にしてまで意味わかんないことを言ってきた。
    「何?告白されちゃダメなの?智樹には関係ないじゃん。」
    私のことなんて好きじゃないくせに。
    「関係あるっての!」
    「なんでよ。」
    私の事好きじゃないのに、なんで関係があるの?
    「お前は!俺のだろ?」
    「…は?」
    「お前は俺のだから他の奴に告白されちゃいけないの。わかるよな?」
    「はぁ〜。分かった。私智樹のになってあげる。」
    「素直じゃねぇーな」
    「お互い様」
    こんな俺様な幼なじみだけど私は大好きです!

    きゅん

    5

    ♡結衣♡さんをフォロー

    通報する

▲