ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 私の彼氏は他の女の子には無愛想なのに、私には無愛想な態度をとらないで溺愛をしてくる。

    そんな時に、彼がマネージャーと仲良く話してるのを見て、いつもは無愛想な態度をとるのになんで?私に飽きたのか、わざわざ見せつけるような感じで思わず、目を逸らしてしまった……。

    彼がこっちに来て頭をぽんぽんしてくる。
    「どうしたの?」
    と彼が聞いてくるが、私は無視をする。
    「俺がマネージャーと話してるのが気に食わなかった?」(笑)
    こっちを覗きながら聞いてくる。
    図星をつかれたので、思わず顔を逸らす。
    「図星?」
    「そ、そうだけど、悪い…?」
    可愛くない言い方になってしまった。
    「ふっ、かーわい。冗談だよ。俺がマネージャーを好きになんてならないから、てか俺が試しただけだから」

    「俺が好きなのはお前だけだられよ」
    「……っ! も、もう!」
    そんな彼が私はだいすきだ♡

    きゅん

    4

    晴虹@亜莉珠さんをフォロー

    通報する

  3. 「せーんぱいっ」
    この子は私の後輩で彼氏でもある。
    「遊びに来ましたよ!何してたんですか?」
    「ん?友達と話してたよー」
    「友達って誰?男?女?」
    「どっちもだよ」
    「ねぇ先輩バカなの?俺がいながら男と話さないでよ」(ぶっすー

    急に不貞腐れた彼氏を見ると

    「なんですか?俺の話聞いてます?」
    「き、聞いてるよっ!」
    「ほんとに気をつけてくださいよ?俺浮気されたら嫌だからね」
    「大丈夫だって〜私を狙う人はいないから(笑)」
    「いや、ここにいるから……」
    「まぁいいや。先輩は俺のだから、他の男に懐かないでよ?」
    「はいはい」
    「はいは一回」
    「すみません……」
    私先輩だよね?!立場が逆なんですけど?!

    「はぁ、先輩可愛いんだから少しは自覚して……」
    「俺だけの先輩で入ればいいんだよ」
    「ねぇ、分かってるよね?俺だけのだよね?」
    「そうだよ!」
    「よかった……先輩好きだよ」
    「私も好きだよ」

    きゅん

    6

    晴虹@亜莉珠さんをフォロー

    通報する

  4. 私、来栖海来。今最大のピンチ!!

    「ねぇ、あの男誰?」
    「え、えっと……一瀬くんの事?」
    「そう。てかあいつの名前呼ばないで。何してたの?」
    「荷物を持ってもらっただけだよ?」
    「荷物を持ってもらった奴になんで頭撫でられてん だよ」
    「そ、それは誤解だよ!一瀬くんがやったことで」
    「だからあいつの名前呼ぶなって」
    「なぁ、お前は俺のだよね?」
    「な、何言ってるの?私が好きなのは亮だよ?」
    「ん。それが聞きたかった。ごめん問い詰めて」
    「ううん。私こそごめんね、不安にさせちゃって」
    「うん、よかった。お前が俺の事まだ好きって言ってくれて」
    「何言ってるの?私はずっと亮だけだよ?」
    「うんありがとう。呆れられたらどうしようってなった……」
    「そんなことないよ」
    「いや、お前の事になると余裕無くなるんだよ…」
    「私はそんな亮も好きだよ♪」
    「可愛いこと言いやがって……」
    よかった元に戻って。

    きゅん

    11

    晴虹@亜莉珠さんをフォロー

    通報する

▲