ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 「せーんぱいっ」
    この子は私の後輩で彼氏でもある。
    「遊びに来ましたよ!何してたんですか?」
    「ん?友達と話してたよー」
    「友達って誰?男?女?」
    「どっちもだよ」
    「ねぇ先輩バカなの?俺がいながら男と話さないでよ」(ぶっすー

    急に不貞腐れた彼氏を見ると

    「なんですか?俺の話聞いてます?」
    「き、聞いてるよっ!」
    「ほんとに気をつけてくださいよ?俺浮気されたら嫌だからね」
    「大丈夫だって〜私を狙う人はいないから(笑)」
    「いや、ここにいるから……」
    「まぁいいや。先輩は俺のだから、他の男に懐かないでよ?」
    「はいはい」
    「はいは一回」
    「すみません……」
    私先輩だよね?!立場が逆なんですけど?!

    「はぁ、先輩可愛いんだから少しは自覚して……」
    「俺だけの先輩で入ればいいんだよ」
    「ねぇ、分かってるよね?俺だけのだよね?」
    「そうだよ!」
    「よかった……先輩好きだよ」
    「私も好きだよ」

    きゅん

    6

    晴虹@亜莉珠さんをフォロー

    通報する

  3. 私、来栖海来。今最大のピンチ!!

    「ねぇ、あの男誰?」
    「え、えっと……一瀬くんの事?」
    「そう。てかあいつの名前呼ばないで。何してたの?」
    「荷物を持ってもらっただけだよ?」
    「荷物を持ってもらった奴になんで頭撫でられてん だよ」
    「そ、それは誤解だよ!一瀬くんがやったことで」
    「だからあいつの名前呼ぶなって」
    「なぁ、お前は俺のだよね?」
    「な、何言ってるの?私が好きなのは亮だよ?」
    「ん。それが聞きたかった。ごめん問い詰めて」
    「ううん。私こそごめんね、不安にさせちゃって」
    「うん、よかった。お前が俺の事まだ好きって言ってくれて」
    「何言ってるの?私はずっと亮だけだよ?」
    「うんありがとう。呆れられたらどうしようってなった……」
    「そんなことないよ」
    「いや、お前の事になると余裕無くなるんだよ…」
    「私はそんな亮も好きだよ♪」
    「可愛いこと言いやがって……」
    よかった元に戻って。

    きゅん

    11

    晴虹@亜莉珠さんをフォロー

    通報する

▲