ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 「あぁ〜俺の母校懐かしいなぁ‼︎」
    部活後帰宅しようと校門を出ると私の元先輩で現在の彼氏である人がいる…
    「なんで…いるんですか…?今週は大学の
    レポートが忙しいから会えないって…昨日もいつもする連絡「全部終わらせてきたよ」
    そんな無茶するから顔色少し悪いじゃん…
    「ごめんっ」ギュッ♡♡
    「どうしてもリノに会いたかった」
    そんなこと言われたら…
    「私も…会いたかった…かも」
    「素直じゃないリノも可愛いね♡」
    そんなに甘やかされたら……
    「会いたかったです!ずっと授業中も先輩のこと考えちゃうくらい‼︎」
    「僕の彼女は悪い子だね///授業中にも僕のこと考えちゃうんだ……そんな悪い子にはキスでお仕置きしなきゃね♡」
    「ん‼︎…/////」

    きゅん

    5

    monako.さんをフォロー

    通報する

  3. いつもうざいくらいに私に好きと伝えてきたアイツは最近隣のクラスに可愛い彼女ができたらしい… …
    どうりで最近顔を見なかったわけだ……
    「でね〜‼︎俺がずっとお前のこと好きって言ってたの見てて、一途なとこが好きです♡だって!可愛くない⁉︎」
    確かに私はまともに相手にもしなかった
    けど、何が嬉しくて好きだと気づいた人の惚気を聞かなきゃいけない…
    「そっか‼︎彼女さん可愛いんだ…良かったじゃん」  
    良かったじゃんなんて思ってないくせに…
    「うん///」それでもあいつは嬉しそうな顔でうなずくんだ……
    『もっと早く好きだと気づけていたら…
     心が素直だったら……』


    そんな後悔で胸がいっぱいだった…

    きゅん

    3

    monako.さんをフォロー

    通報する

  4. 「先輩予選通過おめでとうございます!」
    「ん。ありがと 」 クールでカッコいい
    陸上部の先輩・彼氏今日も好きだ///
    「ちなみに私これから予選なんですけど…
    「うん。」…
    「そこは頑張って♡が良かったです///〜」
    「うん「も〜‼︎私行きますから‼︎」…
    パシッ
    「待って!応援してるから…一緒に決勝進もうな///〜」___ポンッ

    ん!?頭ポンって……⁉︎

    先輩ズルい///反則だ‼︎…
    「頑張ってきます///」

    きゅん

    5

    monako.さんをフォロー

    通報する

▲