ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 移動教室の時、友達と一緒に教室を出た。
    いつもと変わらない移動教室の時間。
    でも最近は特別だ。何故なら、
    「おい、先輩。」
    振り向くとそこには私の大好きな後輩がいる。
    大好きだからって後輩としてとか、可愛いとか、そんなんじゃない。
    恋愛的な意味合いで彼の事が好き。
    「どうしたの?」
    「どうしたの?じゃないでしょ」
    「はいはい。コウキくんどうしたの?」
    「微妙だなァ、まぁ、いいや、先輩も移動教室?」
    「そうだけど」
    「俺もなんだよね!一緒に行こ!」
    「別にいいけど…」
    すぐこんな態度とっちゃう。
    でも、彼から話しかけてくれるの嬉しいな。
    移動教室一緒か…同級生になったみたいで嬉しい。でも、
    「おい、コウキ!」
    「ユウセイどうした?」
    「俺を置いてくなよー」
    「そうだった、行こっか」
    そう言って彼は行ってしまう。
    そんな時だった。
    「先輩、次こそは一緒に行こうね。」
    そう言い残して彼は行った。

    きゅん

    4

    Kouki_13さんをフォロー

    通報する

▲