ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 4件ヒットしました

  2. 「美咲は、その…佐藤にチョコあげるの?」

    真辺君は少し緊張した様子で、私にそう尋ねた。

    「ううん。あげない」
    「何で?好きなんでしょ?」

    そう、私は佐藤君が好きだった。
    この間までは。

    「もう好きじゃなくなっちゃったの」
    「そっか」

    嬉しそうな、ちょっぴり申し訳なさそうな、複雑な顔をする。
    先週、2人で帰った時に相談したことが、彼の頭に残っていたのだろう。
    真辺君は優しい。

    「じゃあ、今年は男子にはあげないんだ」
    「去年もあげてないけどね」

    男子にチョコをあげた時なんて一度もない。
    というか、イベントにかこつけて告白するのは嫌なのだ。

    だから、これは「そういうの」じゃないの。

    真辺君に小さな箱を手渡す。

    「え、これ…」
    「これはその…この間のお礼だから」
    「相談聞いた時の?」
    「うん」
    「そっか…」
    「告白はまた違う日にするね」

    その言葉を残し、私は家へ逃げ帰った。

    きゅん

    2

    安久呂 流可さんをフォロー

    通報する

  3. 「美香先輩すみません!待たせてしまって…」

    しょんぼりとした様子で、私の可愛い後輩君は謝る。
    弟のように可愛がっているから、ついつい構いたくなってしまう。

    「私との約束の時間に遅れてまで何してたのかなー?」
    「それは…その…チョコ断ってました」

    予想外の言葉に驚く。

    「え?何で貰わなかったの?ハル君チョコ好きじゃん」

    昔から甘いものが好きで、この時期になるといつもそわそわしていたのに…。
    私の言葉に、ハル君は少し顔を赤く染める。

    「俺、好きな人以外からチョコ貰いたくない」
    「えー。せっかく持ってきたのに…」

    毎年あげていたから、今年もつい作ってしまった。
    しょうがない。自分で食べるか。
    バックから取り出した、赤い箱を見つめる。
    するとハル君がそれを取り上げて、中のチョコを一粒口に入れた。

    「好きな人以外から貰わないんじゃないの?」
    「はい。俺、先輩以外からチョコ貰いません」

    きゅん

    4

    安久呂 流可さんをフォロー

    通報する

  4. あの箱は、駅前の洋菓子店の数量限定のチョコレート。
    あのラッピングは、有名チョコレート店のロゴが入ってる。
    あの紙袋は、手作りかな?気合入ってる…。
    「先輩。大量ですね」
    「おう。今年は去年よりも多いな」
    今年が最後のチャンスだから…。
    先輩は何でもないことのように、それでも嬉しそうにそれらを一つにまとめる。
    私はその間、キャンバスに視線を向けていた。
    頭がくらくらするのは、きっと油絵具のツンとした臭いのせいだ。
    「水樹は今年もくれないの?」
    「そんなに貰って、まだ欲しいんですか?」
    「えー?だって大事な後輩からも貰いたいじゃん?」
    大事な後輩、ね。
    別にどうでもいいけど。
    「あげませんよ」
    少しがっかりしたような表情で、先輩は帰っていった。
    その後ろ姿を見送りながら、今年も渡しそびれてしまったチョコを一人頬張る。

    先輩には絶対にあげない。
    だって、あげる前にもう答えが分かっているから。

    きゅん

    3

    安久呂 流可さんをフォロー

    通報する

  5. また、押し付けられちゃった。
    誰もいない教室で、私は一人、学級日誌を書く。
    仕方ないよね…。
    佐藤君だって部活忙しいだろうし。
    そう思いつつも切なくなる。
    だって今日は、一緒に居られるチャンスだったから。
    普段は恥ずかしくて声もかけられないけど、
    週番だったら仕事の話とか気軽に出来ると思ったのに。
    当てが外れてしまった。
    「あれ?美咲、まだ仕事やってたの?」
    後ろのドアが開いて、真辺君が入ってきた。
    「うん、もう少しで終わるところ」
    「佐藤は?」
    「部活、行っちゃった」
    「え、でもあいつ…」
    何かを言うのを途中で止めて、少し考えこむ。
    「どうしたの?」
    「え?あぁ、何でもない。それ俺手伝うよ」
    そう言って隣の席に座った。
    「大丈夫だよ!もう終わるし」
    「じゃあ、一緒に帰ろ」
    真辺君の伸ばした手が私の頭に優しく触れる。
    「話、聞くよ」
    張りつめていた糸が切れたように涙が溢れた。

    きゅん

    3

    安久呂 流可さんをフォロー

    通報する

▲