ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 昔離れ離れになっていた幼馴染。幼い時に離れ離れになってしまったことにより記憶が曖昧になってしまう。あるとき、根暗な男の子が転入してきた。そこからだんだんとわかっていく彼の真相。ぶっきらぼうだった根暗が急にドSの素をさらけ出してきた。
    「俺はお前のこと一度も忘れたりしたことはない。」
    「俺にしとけよ、お願いだから他の男と仲良くしないでくれ」
    ドSなのに、時々見せる甘い顔。
    君のそんな顔をもっと見たい。
    「もっとこっちにおいで。顔を見させてよ」「たに、、むら。」
    君以外と恋なんてしたくない。

    「谷村はさー、私のどんなとこが好きになったの?」
    「俺?そんなの決まってんじゃん、身体♡」
    「は!?ほんとバカッ小さい時から身体のことしか考えてなかったの」
    不意に笑う君の笑顔にいつもドキドキしていた。






    大好き

    きゅん

    3

    えるらのさんをフォロー

    通報する

▲