ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. ~今日の放課後。屋上に来ること。~


    普通。こーゆーのを下駄箱に入れる?
    しかもなんで急にまた。



    ~屋上~


    既にそこにはドSでかつ私が恋をしている先輩が居てこちらを振り返った


    先輩「遅い。」


    『す、すいません。』




    先輩「...ん。」

    『...え?』



    先輩「いいから開けてみて。」


    そこには手作りであろうチョコが入っていて、紙が入っていた


    「ー好きだ。付き合って。ー」


    『...え?』

    先輩「そーゆー事だ。」

    『私でいいんですか?』


    先輩「お前とじゃなきゃやってけない。それに。お前に拒否権なんてねーから。」


    『...はい!』



    私の恋。ホワイトデーで実りました。

    きゅん

    3

    Floraさんをフォロー

    通報する

▲