ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. ねぇ神様。
    もし私が病気になっていなかったら悠輔と出会うことはなかったのかな..?



    もしそうなら、私は病気を恨んだりはしないよ。

    例え、私がみんなの目に見えなくなったとしてもカタチで残せなくてもいい。せめて記憶に残るような何かを残したい。


    先生から余命を言われて、悠輔と出会って、ずっとずっと私一生分頑張ったんだよ。


    我儘は言わない。

    何か記憶の一欠片でもいいから残すことができたのなら、悠輔と心が一瞬でも結ばれることができたのなら、私の努力は少しでも報われたのだと思ってもいいかな。



    私は悠輔と出会えて幸せだよ。


    悠輔もそう思ってくれてたら嬉しいな。



    私と出会ってくれてありがとう。

    きゅん

    2

    いとしのレイラさんをフォロー

    通報する

▲