ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. いつも放課後になると勉強を教えてくれる隣のクラスの彼。最近、ずっっと横顔をみられてる気がしてわたしは勇気を振り絞り、
    「あ、あのさ、私の顔になんかついてたりする?」
    すると彼は、
    「いや、お前の隣の席の奴はいつもお前の横顔をみれるのかな。とか思いながらみてたら…」
    「みてたら…?」
    「なんか、俺だったらすぐにでも自分のものにしたくなるのになって思った。」

    きゅん

    8

    はに丸さんをフォロー

    通報する

▲