ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 私と龍助(りゅうすけ)は演劇部だ。
    あるシーンを2人で練習していた。


    そんな中、龍助が突然こっちを向いた。


    「どうしたの?」


    そう聞いたが、何も答えてくれない。
    もう一度


    「どうしたの?」


    と聞いてみた。
    すると


    「なあ、これキスシーンあるよな?
    い、いま練習してみないか?」


    (キスシーンなんてあったかな?)


    そう思い、台本を見に机に向かった。


    すると、いきなり手を捕まれ、高身長の龍助の胸にぶつかった。
    そして、龍助の顔が近づいてくる。


    「「」」


    2人の顔が重なった。


    顔が熱い。
    そして、龍助の顔が赤い。
    きっと私の顔も赤い。


    それは初キスだった。
    龍助にとってもだろう。


    そして


    「好きです。
    付き合ってください。」


    と言われた。
    龍助の顔はさっきより赤くなっていた。


    「もちろん。」


    そう言って再び顔が重なった

    きゅん

    8

    さや@こんにちはさんをフォロー

    通報する

▲