ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 13件ヒットしました

  2. 「ねぇ、お前は誰のもの…?」

    「ん…、海斗の…?」

    「そうだよね、ずーっと昔から俺の。」

    ちゅっ…

    「ねぇ…ずっと俺だけのものでいて…
    お願い…」

    ちゅっ…

    「急に…、どしたの?」

    「んー?ちょっと、寂しくなったの…

    ねぇ……、俺のしたいこと、してい…?」

    きゅん

    5

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  3. 『先輩!
    今日は、なんの日でしょーか?』
    「バレンタイン、でしょ?」
    『そう!だから大好きな先輩にぃー…
    はい!どーぞ?』

    「ん、ありがとう。
    ……でも俺…
    チョコより欲しいもんあるんだけど。」
    『えっ!?チョコ嫌い?』

    「んー?そーじゃなくて……

    ……お前が欲しい…。
    …心だけじゃなくて…体もちょーだい?」

    きゅん

    4

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  4. 【私の幼なじみは、すごくモテる。
    私は、そんな彼が好き…。】

    「あの…先輩のこと、好きです!
    よかったら私と、付き合って下さい!」

    たまたまいた屋上で、幼なじみの彼が校内で
    一番可愛いと言われる女の子に告白されていた。

    『ありがとう。
    気持はすごく嬉しいけど…ごめんね。』
    「……ぅ、ひっく…ぅうっ…」
    『あぁー、泣かないで…』

    あんな可愛い子が振られるなら私なんて…

    『俺には、ずっと昔から好きな子がいるから。』

    えっ!?そーなの!?

    「ぅ…知ってます…。先輩の幼なじみですよね?」
    『うん、だからごめんね…。』

    えっ、待って…それって……

    『ねーぇ、盗み聞きは良くないんじゃない?』
    「へっ!?」
    『きーてたでしょ?』 「え…あ、うん。」
    『返事、聞かせて?』 「返事って…?」
    『はぁ〜………ねぇ、好き。』

    きゅん

    8

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  5. コンコンッ ガチャ
    『入るよー』

    っ…!珍しく髪、お団子やぁ…♡
    かわええなぁ…

    「いや、もう入ってるしっ!」

    『まぁまぁ、いつものことやろ?
    そんなことより、はよゲームしよ?』

    ほんとは会いたいだけなのに
    懲りずに毎日ゲームしに来るボク。
    そんなボクと遊んでくれる君。

    「はいはい、なににするのー?」



    はぁ〜…全然だめやなぁ…
    ボクの集中力をかき乱す好きな子のうなじ。
    頭より先に体が動いた…

    『ちゅっ』

    「っ…!なにしてるの!?
    って、なんであんたが顔真っ赤にしてんの!」

    『なにしてんやろ…ボク』

    自分のしたことに驚いた。
    けど、顔を真っ赤にした君に
    ボクはもう我慢の限界やった…

    『……そんな顔したら、あかんよ…
    なぁ、好き………ちゅっ』

    「っ……!」

    『もう、幼なじみじゃ我慢できへん…』

    きゅん

    7

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  6. 『なぁ、瞬。
    俺さ、あいつに想い伝えようと思う。』
    「……うん。いいんじゃない?頑張って。」
    『……ほんとにいいのか?』
    「なんで?僕が決めること?」

    『そーだけど…、もし俺らが付き合ったら
    3人でいにくくなったりしない?』

    「大丈夫だよ、
    僕らは昔からずっと一緒、でしょ?
    幼なじみの恋を応援するのは当然だよ。」

    『っ……ありがとな。瞬。」


    …瞬、お前は知ってんのかな
    いにくくなるのは、俺なんだよ…。
    あいつが好きなのは


    『昔から、瞬…お前だから…。』

    きゅん

    4

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  7. 私達は今、明日の学園祭に向けて
    最後の練習をしている。

    「もういいのです…。
    私のことなど、忘れてください…!」
    『っ…姫!待ってくれ!』
    「王子様…」
    『……姫。私はあなたに惹かれています。
    心から…。』

    「……?ねぇ瀬名、セリフ間違ってるよ?」
    『ん?そう?俺は合ってると思うけど?』
    「違うよ、王子様はこう言うんだよ。
    あなたのこ…」

    『志乃。それは王子様のセリフでしょ?』
    「ん?どういうこと…?」

    『今のは、俺の言葉だよ。
    志乃。俺は、志乃にすごく惹かれてる。
    目が離せない、可愛い笑顔。
    俺を煽らせるしぐさ…。』

    劇だけの王子様なんて、もう満足できない…

    『志乃、好きだよ…。
    俺だけのお姫様になってくれる…?』

    きゅん

    6

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  8. 「けぃー?起きてるー?帰るよー!」

    そう呼びかけるのは、俺の幼なじみ[由良]。

    「ねぇー、起きてるんでしょ?」

    うん、起きてる。ほんとはね。

    でも、ここで起きたらまた
    欲しいものが手に入らないから…


    「ねぇ…………、ほんとに…寝てるの…?」
    近すぎる由良の顔。


    「けい、好き…。」


    急に聞こえたその言葉。
    俺がずっと欲しかった言葉。
    由良の本音を聞くため、何度寝たふりをしたか。


    やっと言うことが出来る。
    ずっと言いたかった言葉。


    『俺も好き。』

    きゅん

    5

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  9. なんだろ、この感じ
    なんかムカつく…

    あいつと話してたら、急に来たあいつの彼氏に
    睨まれたうえに
    すれ違いざまに「取るんじゃねーよ」って。

    取んねーよ。人の女なんか。
    だけど、そーゆームカつくじゃなくて…

    あいつが、男と2人っきりっつーのが
    なんか気になる。

    なんつーか、イライラする?みたいな

    ぁあー!
    もう、よくわかんねぇーよ。

    俺、誰に怒ってんの?

    きゅん

    5

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  10. 「あ!お兄ちゃん!」
    『乃々花、次は体育なの?』
    「うん!バスケだよー」
    『乃々花、バスケできたっけ?』
    「ううん、でも皆がいるし…」

    『けが、しないでね?
    あっ、あと女子チームに入るんだよ?』

    お兄ちゃんはとっても過保護。
    だけど…すっごく かっこいいの!

    『乃々花。俺も一緒に授業受けに行こっか?』
    「えー!?」
    『そーすれば、乃々花の事、守れるでしょ?』

    それは、そーだけど……

    『それに乃々花?彼氏出来たんだって?』
    「うん、そーなの!」

    『ふ〜ん………乃々花は俺のなのに…』

    「ん?なんて言ったの?よく聞こえなかった…」
    『ん?聞こえなくていーの。バスケ頑張ってね。』

    そう言って、私の頭をポンポンとすると
    お兄ちゃんは行ってしまった。


    これは血のつながらない兄妹のお話……

    きゅん

    7

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  11. 「せんぱーい!」
    あっ、やっと来た。

    『花音、遅かったね。なんかあった?』
    「階段で転びそうになっちゃって…
    でも、男の子が助けてくれたの!」

    あーあ、そんなに嬉しそうな顔して…

    『花音……おいで?』
    ぎゅっ

    「……先輩? どーしたの?」
    『次からは俺が教室まで迎えに行くよ』
    「え!?でも、それじゃあ……」

    『いいの、花音が他の男に助けられるほうが
    ヤダから…』
    「///ありがと、先輩。
    私も先輩と少しでも一緒にいたい。」
    『クスッ。花音は可愛いね♪
    もう、俺しか見えないようにしてあげる。』

    ちゅっ…、ちゅ…

    「先輩、好き…」
    『俺も、大好き…』
    花音は俺だけのもの、誰にも触らせないよ?

    きゅん

    16

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  12. はぁ…仲良く話しちゃって……

    僕がいるのになぁ…

    『そこ、話聞いててね。』

    「はぁーい」

    生徒に手を出すな?そんなの知らないよ?

    好きになったものは 仕方ないじゃん。

    『結花、後でちょっとお手伝い頼んだよ?』

    「えーー!」

    そう言ってるけど、ほんとはちょっと
    嬉しいんでしょ?

    あぁ、授業なんて面倒くさい
    早く結花と いちゃいちゃしたいなぁ…
    ___________________________________

    「せんせー、来たよー」

    『結花!……名前で呼んでくれないの?』

    「ん、…界斗…。」

    照れてる、かわいい…

    けど、今はそんなことじゃなくて

    『結花、隣のヤツとくっつきすぎ!!

    席替え…しない?』

    「しない! 界斗そんなことしなくても……」

    ん?どうしたんだろ……?

    結花、顔真っ赤。

    「……私は界斗のものだよ?」

    『っ///あーもう!好き。』

    きゅん

    8

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  13. ガチャ、

    「せーんパイ!待った?」
    『ううん、待ってないよ〜』

    学年が違うからなかなか会えないけど
    こうしてお昼休みだけは屋上で2人きり!

    「先輩?ニヤニヤしてどーしたの?
    もしかして、僕に会えて嬉しいの?」

    『っ///うん。だって、とわくん
    すごくモテるし………こーしてると
    とわくんを独り占めしてる気がして…』

    「っっっ////
    先輩かわいい!!大丈夫だよ?
    僕はずぅぅーーっと、先輩のもの! ね?」

    とわくんは私を ぎゅっ て抱きしめながら
    頭をなでてくれた

    「ねぇ、先輩。先輩も僕のでしょ?」

    『……うん。』

    「皆、先輩のことかわいいって
    言ってるんだから…
    僕、嫉妬しちゃうよ?」

    『んっ…ん…、あっ///…んっっ…』

    とあくんの甘いキス
    とろけそうで、すごく好き…

    「先輩……好き、大好き…

    これからも…離さないよ……?』

    きゅん

    6

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

  14. 「りーむ、帰ろ?」

    教室でキレイな夕焼けを背景に
    今日も理夢は…寝ていた

    「ほら理夢、起きて?」
    『ん…、ん〜』

    幼い頃から、よく寝る理夢
    それを起こすのが俺の密かな楽しみ、

    「ねぇ、早くしないと…キス…しちゃうよ?」

    もちろん俺は起きても起きなくても
    するつもり、なんだけど…

    『っ!/// だめーっ!!』

    理夢はピュアだからね(笑)


    「理夢おはよ、今日もかわいいね。」

    そう言って俺は理夢にキスをした

    『んーっ、ん…』

    あー、かわいい…
    止まんなくなる…

    「理夢、好き、大好きだよ。
    俺だけのものでいてね?」

    耳元でささやくと
    理夢は顔を真っ赤にさせながら

    『理夢も好き…』

    そう言ってくれた

    はぁ、もう一生離さないから
    覚悟してね?

    きゅん

    12

    Lucia♢さんをフォロー

    通報する

▲