ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. そういえば今日は始業式、私も2年生になるんだ。

    仲の良い友達とクラス一緒になれるかが心配。

    「柚愛、新しい友達をつくれよクラス替えがあるからいいチャンスじゃん。」

    「うん、でもできるかな…。」

    「はぁ、いい加減自分に自信を持てよ。」

    「そんなこと言われたって…無理だよ。」

    お兄ちゃんはどんどん私を追い抜いていってしまう。

    「柚愛顔を上げろ…。」

    そして顎をクイッと持ち上げられた

    「いいか笑ってろ、お前は笑ってりゃいいんだよ、そんな暗い顔されたらこっちまで憂鬱になるっつーの」

    いつもお兄ちゃんは立ち止まって私を励ましてくれる。

    それなのに私は今までお兄ちゃんの為になに一つ頑張ろうとしていない。

    そうだよね、これからは少しずつ笑う努力をしよう。

    「お兄ちゃん、ありがとう。」

    「うん、それでいいやっぱり柚愛は笑ってた方が可愛いよ。」

    お兄ちゃんはやっぱりズルすぎる。

    きゅん

    5

    雨咲偽さんをフォロー

    通報する

▲