ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 私佐倉伶奈は後輩のみっくんこと
    三崎裕くんと駅前のイベントに来ている

    お互いコスプレをしようとなり
    私は魔女のコスプレをして駅前に行った

    どんなコスプレをするかは
    お互い伝えていないので楽しみだ


    「みっくんお待たせ!」

    駅に着くとみっくんはドラキュラの
    格好で私を待っていた

    すごくかっこいい//

    「あ、伶奈先輩おはようございます!」

    「おはよ!ドラキュラにしたんだ〜
    あの…。」

    「なんですか?」

    「超かっこいいね//」

    「なっ、伶奈先輩こそ魔女の格好
    めちゃくちゃ可愛いです!」

    お互い赤面してしまった

    「そうだ、trick or treat?」

    「え?お菓子持ってないよ…」

    「なら先輩にいたずらしないとですね!
    今日は手を離さないでください!」

    繋がれた手を見て私は
    すごく幸せな気分になった


    「先輩、大好きですよ」

    きゅん

    2

    星 葵湖さんをフォロー

    通報する

  3. 私は病気になった。
    惨めな自分を知られたくなくて
    彼を突き放した…はずだったのに。


    「俺も一緒に闘わせて。」


    そう言って私を抱きしめた。


    「1人で悩ませたりしない。
    辛い時お前の気持ちになれなくても、
    ずっと側で支えたい。ダメか?」


    あぁもう想定外だ。
    なんでこんなにも好きなんだろう。

    きゅん

    5

    星 葵湖さんをフォロー

    通報する

▲