ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 6件ヒットしました

  2. 今日は、ハロウィン!放課後にクラスの皆で、ハロウィンパーティー(*´∀`)♪凄く楽しみ(*^^*)
    ~お昼休み~『早く放課後にならないかな?』
    「千春は、行くのか?」
    『行くよ!当たり前じゃん(笑)だって仮装してパーティーだよ!楽しみじゃないの?何の仮装しようかな?あ!大翔君は、仮装するの?』
    「は?するわけ無いだろ」
    『え?そ…そうなんだ』大翔君仮装し無いんだ(;゚д゚)《仮装…バンパイアとか似合いそう》あれ?声出てた?「今、何か言ったか?」
    『え?何でもないよ(笑)』嘘ついちゃった(汗)
    ~放課後~『もう皆集まってるかな?』
    「千春、入んないのか?」バンパイアかぁ~
    『大翔君、か…仮装してる…何で?仮装し無いんじゃなかたったの?』似合いすぎだよ(*/□\*)
    「千春が行ったんだろ?似合うか?」
    『うん!凄く、か…か…かっこいいよ』
    「ありがとな(^^)千春もシンデレラすげー可愛い」

    きゅん

    2

    ♪りっぷ♪さんをフォロー

    通報する

  3. 「陽茉莉先輩!」
    誰かに呼ばれた?『え?』振り返る
    『えーっと誰だっけ?』
    「僕の事忘れちゃったんですか?」
    『うーん(´-ω-`)』誰だっけ?ヤバいわかんない
    「僕ですよ」
    『・・・ん?』どっかで見たことあるような無いような?『あ(*゜Q゜*)!もしかして直樹君?』
    「はいそうです(´・∀・`)」
    『ごめんね(。-人-。)最近忘れぽいもんで』
    「思い出してくれてくれたんですね(〃´ω`〃)」
    「陽茉莉先輩よかったら文化祭一緒に回りませんか?」
    『いいよ(*´∀`)♪』
    「嬉しいです」
    『うん?』

    きゅん

    4

    ♪りっぷ♪さんをフォロー

    通報する

  4. 《弘樹君好きです》
    「ごめんな俺、好きなやついるんだ」
    《そうなんだ》
    え?嘘(゚Д゚;)弘樹君が隣のクラスの女子に告白されてたモテるんだ
    「何?盗み聞き?」
    『ち、違う』
    「何だよ?」
    『聞きたいことあるだけど』
    「ん?」
    『たまたま聞いちゃったんだけどしゅきなやつって誰なの?』
    「しゅきなやつ?」
    『す、好きなやつってだ、誰なの?』
    「あぁ~その事か優希だよ」
    『ふぇ?』
    「だから優希だよ」
    『・・・へ?』
    「優希好きだ付き合え」
    弘樹君が私を好き?『えぇ~!!』
    「何だよ嫌か?」
    『全然嫌じゃない、嫌じゃないよ!嬉しいよ
    ♪(/ω\*)』
    「これからよろしくな(^ー^)」

    きゅん

    1

    ♪りっぷ♪さんをフォロー

    通報する

  5. 「危ない!!」
    ボールが飛んでくる
    『え?キャーΣ(゚∀゚ノ)ノ』ボールを避ける
    「ごめんな大丈夫か?」
    『だ、大丈夫です』
    「本当に?怪我とかしてない?」
    『は、はい』
    「よかった(´・∀・`)君、いつも見に来てるよね?好きなやつとかいるの?」
    『えぇ~っと』先輩ですって言えないよ~(>_<)
    「これからは気を付けるんだぞ!」
    頭ぽんぽん
    『は、はい(///∇///)』

    きゅん

    2

    ♪りっぷ♪さんをフォロー

    通報する

  6. 舞彩『先生、頼まれたノート持ってきました』
    優「あぁ~悪いな」
    舞彩『もう(。・`з・)ノ先生ってばいつも私に頼むんだもん(>_<)悪いと思ってないですよね(>д<*)』
    優「いやー_(^^;)ゞ悪いと思ってるよ( ´ー`)」
    舞彩『本当に思ってますか?』
    優「あぁ~思ってるよ」
    舞彩『じゃあご褒美欲しいです』
    優「ご褒美かぁ~うーん(´-ω-`)」
    頭ぽんぽん
    舞彩『え?先生?』
    優「いつも手伝ってくれてありがとな(*´・∀・)」
    舞彩(/ω\)キャーめっちゃ嬉しいよ~(〃´ω`〃)
    先生の手伝いしてよかった(///ω///)♪
    『また、何か頼むときは私、絶対手伝います(^^)』
    優「嬉しいよ(^∇^)」

    きゅん

    3

    ♪りっぷ♪さんをフォロー

    通報する

  7. 花菜『あれ?こっちだっけ?』
    もして、迷った?どうしよう(σ´・v・`*)
    このままじゃあ学校着かないよ(泣)
    ギュッ和也「はーちゃん」
    花菜『え?カズくん?何でわかったの?』
    和也「はーちゃんは、方向音痴だからいつもこの辺で、立ち止まってるから、わかるよ(o^∀^o)」
    花菜『いつもありがとうカズくん(*^▽^*)』
    和也「どういたしまして(^^)d」
    和也「はーちゃんこれからは、一緒に登校しよ」
    花菜『うん!』

    きゅん

    1

    ♪りっぷ♪さんをフォロー

    通報する

▲