ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 先生、好きです。

     「沢井。私をからかうのもいい加減にしなさい」

    そう言うと、貴方は絶対本気にしてくれない。

    本気で、先生が好きなのに。

    だから、私はあの日、勇気を出して、チョコを渡しました。

     『先生、私、本気なんです』

    その時先生、少し驚いていましたよね。

    でも。

    私、堅物教師と有名な貴方を、どうしようもなく好きになっちゃったから。

     『……分かった』

    チョコを受け取ってくれたときも、本当に嬉しかった。


    だから、先生。

    この想いを、しばらく持ち続けてもいいですか?

     「…っ、ぐすっ…」

    今すぐに消すことはできないから。


     『…好きになってくれて、ありがとう』

    優しいところに惹かれました。

     『…でも、その気持ちは受け取れない』

    貴方の笑顔に惹かれました。

     『…ごめんな、沢井、ありがとう』

     「…っく…、うぅっ…」



    先生、大好きでした。

    きゅん

    10

    ししざのらいおんさんをフォロー

    通報する

▲