ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 喜一「なあ、お前さ好きな奴居んの?」

    私 「え?!……い、いるよ?」

    喜一「生意気なんだよ……お前のくせに」

    私 「???」

    喜一「俺以外のこと考えんなよ」

    私 「ずっと喜一先輩のこと考えてるよ?」

    喜一「は?!/////ばっかじゃねーの///」

    私 「喜一先輩……好きです!」

    喜一「それ、俺が言おうとしてたのに……///」

    私 「じゃあ、両思いですね!///」

    喜一「俺無しじゃ居られねーよーにしてやるよ」

    私 「?!?!んんっ」

    先輩と私の甘い恋は、どんどん過激になりそう///

    きゅん

    1

    yume✾さんをフォロー

    通報する

  3. 「沙希……あのな、俺!」

    ……遡ること1時間前

    「沙希!今日暇か?」
    そう聞かれたので、
    「祐介!うん!暇だよ!」
    「じゃ、放課後言いたいことがあるんだ。」
    そう真剣な顔をして言われた
    「??……うん?」
    私はそう答えた

    放課後

    「待っててくれてサンキューな」
    ニコッと微笑む祐介
    ドキっ///
    心臓が高まる
    「祐介、話って??」
    「あぁ……あのな……俺……」
    祐介が耳を真っ赤にして言おうとするので
    私もまさか……と思う
    いや、そんなはずは……
    だとしたら……嬉しいな……///
    そう思っていると、
    「俺……お前が……好きだ!!///」
    祐介が顔を真っ赤にして言うものだから
    私にもそれが移ってしまった
    「うそっ!祐介……私……私も!」
    祐介の気持ちに応えようと私も好きだと
    「私も、祐介が好き!」
    言った。すると
    「うそ……だろ?まじかよ……////」
    そう言って、私に甘いキスを落とした

    きゅん

    7

    yume✾さんをフォロー

    通報する

  4. 「有希、今日の放課後、暇か?
    暇なら話があるんだ、部室で待っててくれ」

    先輩が声を掛けてくれた

    でも話ってなんだろ?

    まあ、いいや

    でも……なんか……期待しちゃう……///

    そう言われたので

    「はい!暇なので待ってます!」

    ~放課後~

    先輩……話ってなんだろ?

    1人でニヤニヤしていると……

    「有希!待ったか?」

    心配そうに見ている先輩がいた

    「全然です!大丈夫ですよ!」

    私はそう答えた

    「そうか!よかったー……あのな……」

    先輩は本題に入っていった……

    「俺……有希が好きなんだ」

    そう言ってくれた……

    うそ……私はその場に泣き崩れた

    「有希、俺と付き合ってくれないか?」

    そう聞いてきたので

    「うぅ……私も……先輩がっ……好きっ!
    もちろん……付き合いますっっ!!」

    きゅん

    3

    yume✾さんをフォロー

    通報する

▲