ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 5件ヒットしました

  2. 「今から席替えをするぞ!」

    「やったー!」



    先生の一言で私のクラスは席替えになった




    そして私の隣の席の人は俺様系男子の笹山大貴くん





    「俺の言うこと聞けないのか?」







    こんな感じの俺様系。





    私の苦手なタイプの男子。
    なのに、なんでこんなにも笹山くんのこと考えちゃうの?





    もしかして、あの時から...?


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    続きが気になる方は是非本編見てくださいm(_ _)m

    きゅん

    0

    mu-(*´∇`*)さんをフォロー

    通報する

  3. 私は今、神田外語大学のオープンキャンパスに来ています










    最初は友達と一緒で、楽しく行ってたんですが...









    「ここ、どこ?」








    迷子になってしまいました










    「HELLO!」

    「ハ、ハロー」

    「What are you doing?」

    「え、えーと」








    私が困っていると







    「もしかして迷子かな?」

    「え、あ、はい!」



    急な日本語、びっくりした



    「そっか~。ねぇ、君は一人で来たの?」

    「いえ、友達と」

    「どんな子?」

    「えっと、ポニーテールで私と同じくらいの身長で...」





    私が友達の特徴を全て話すと




    「その子さっき見たよ。一緒にいこう」






    と、優しく言ってくれました







    そのあと無事に友達も見つかり、残りの時間を楽しみました

    きゅん

    0

    mu-(*´∇`*)さんをフォロー

    通報する

  4. 今はお昼休み。私は今図書室に来ている





    「あれ?私がいつも読んでる本の続編がない...」








    誰かに取られちゃったのかな...










    そう思いながらも探していると本棚の上の方に私の探している本があった








    「あ。あれだ!...でも届かない」









    どうしようと思ったそのとき










    「はい。これで合ってるかな?」









    上の本棚から先輩が本を取ってくれました。








    「ありがとうございます!」

    「いえいえ。困ったときはいつでも言ってね」









    私の胸のドキドキがとまりません!

    きゅん

    2

    mu-(*´∇`*)さんをフォロー

    通報する

  5. 私は今日から高校生!



    友達の心愛と一緒にクラス発表の場所へ向かってます!






    でもその途中、私がよそ見して歩いていると...










    「キャッ!」










    足を踏み外しちゃった






    あぁ、階段から落ちちゃう...












    入学早々怪我しちゃうんだ...











    ドン!










    ...あれ?痛くない。





    そっと目を開けてみると私の下敷きになっていた先輩らしきおとこの人がいた










    「すみません!」

    「大丈夫?怪我はない?」

    「私は大丈夫ですけど、先輩は」

    「俺は大丈夫。君が怪我しなくてよかったよ」












    私はこの瞬間、彼に恋をしてしまった

    きゅん

    2

    mu-(*´∇`*)さんをフォロー

    通報する

  6. あ、廊下に私の好きなゆうり先輩がいる!


    「ゆうり先輩!」

    ゆうり「あれ?部活は?」

    「休憩中です」

    ゆうり「そっか」




    やっぱり先輩を目の前にすると緊張するなぁ...





    実は私、ゆうり先輩が好きなのです






    仲間「おーい、もう休憩終わるよ」

    「はーい」



    私がみんなのところに戻ろうと歩きだしたとき...



    ゆうり「...待って」

    「え?で、でも...私そろそろ戻らなくちゃ」





    待ってって言ってくれるのすごく嬉しいんだけど...



    ゆうり「言いたいことがあるんだけど」



    なにこの感じ、ドラマでよく見るシーンだけど

    まさか告白?って、そんなわけないよね




    ゆうり「...好きだ」

    「...え?」

    ゆうり「だから、好きなの!」

    「嘘でしょ...。本当に告白...」



    そのあと私は先輩に返事をして、付き合うことになりました

    きゅん

    7

    mu-(*´∇`*)さんをフォロー

    通報する

▲