ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 2/1(金) 天気:晴れ

    今日は悠輔と私のお気に入りの場所に行った。


    いっぱい喋った。


    幸せだなぁって思ってたらなぜか泣きそうになっちゃって、
    悠輔にバレないよう必死に隠した。


    私ってこんなに涙もろかったっけ?


    「恋」がこんなにも穏やかで、優しくて、
    でも時々たまらないくらい切ないなんて知らなかった。


    こんな感情を経験出来ただけで満足、悠輔に感謝してもしきれないや。


    でもね...でも、やっぱり1ヶ月じゃ足りないよ...。


    もっと一緒にいたい、もっと色んな場所に行きたい、もっと悠輔のこと知りたい、もっと私のこと知って欲しい...

    ずっと...私のこと忘れないで欲しい...。


    あーあ、こんなこと書いても悲しなるだけなのに...


    明日は悠輔の仕事場に行く日だ、何着ていこっかなぁ。

    きゅん

    3

    にゃんまるまるさんをフォロー

    通報する

  3. この時間が幸せって思うと同時に泣きたくなっちゃうんだ。
    悠輔とこうやって話してるだけで私の心は満たされいく。
    でも同時に、この横顔をあと何回見られるんだろうって思うと胸がぎゅって苦しくなっちゃって。
    余命があとちょっとなんて、実感湧かないや...
    悠輔と一緒にいる時間が楽しいって思うほど辛くなっている私を許して下さい。
    どうかあともう少しだけ、普通の女の子として、悠輔と恋をさせて──。

    きゅん

    4

    にゃんまるまるさんをフォロー

    通報する

▲