ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 放課後の図書室。



    試験期間中だから、1人で勉強してた。


    明日は歴史だから歴史の本取ってこようと思ってその棚にむかった。




    一番上にある本。流石にわたしの身長では取れない…。



    困っていると、



    「あれ取ればいいの?」



    と、上から声が降ってきた。



    声の主をみてみるととてつもないイケメンな先輩で、その姿を見るだけでキュンとしてしまった。


    「は、はいっ!」


    「図書室では静かに〜!!」


    はっ!おばさんに注意されてしまった。


    「ふふっ、よいっしょっと。取れたよ。」



    爽やかに微笑む先輩。


    「あっありがとうございます!」


    「しー」

    人差し指を口に当てた先輩は自習室へ戻ってしまった。


    これからも図書室で勉強しようかな…

    きゅん

    3

    緋奈瀬さんをフォロー

    通報する

  3. 私は最近、新たな悩みが出来た。







    それは、










    「せーんぱいっ!!!」






    男子バスケ部の1年。






    最近毎日のように私にちょっかいを出してくる。







    「ねえ、先輩。今日一緒に帰ろう?」

    なっ、後から抱きしめてきたぞこいつ。





    キュンッ





    え、キュン?    





    「ぶ、部活中だから!!!!」






    うまくかわしたけど、キュンってなんだったんだろう?    






    それが恋だと気づいたのはまだまだ先の話。。

    きゅん

    3

    緋奈瀬さんをフォロー

    通報する

▲