ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 8件ヒットしました

  2. 冬「どうしたんだ?真冬に屋上なんて、お前らしくないな。」

    夏希どうしたんだ?寒がりなくせに、屋上に行こうなんて。

    夏希「……こっちのセリフだよ。せっかく付き合えたのに総長だからって言うから、俺は我慢してんのに
    あいつら優先で。付き合った意味無いって思うようになって……不安なんだよ。
    俺が告ったわけだから、お前から好きとは言われてねぇし……ごめん、重いよな。」

    ……私は好きな人をこんなにも不安にさせてたの?

    冬「重くなんかない。ごめん、私恋なんて初めてだし、夏希の顔見ると恥ずかしくなって、一緒にいると胸が苦しく
    なって、夏希……好きだよ、大好き」

    初めて本人に告げて恥ずかしくなった。でもこれが恋なんだなーと思った。

    夏「……あぁ、もう!なんでそういきなり素直になるんだよ!俺も好きだよ冬香」

    夏希は甘い声で私に告げた後、赤い顔をして、あまーいキスをした。

    きゅん

    4

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  3. 蒼「カナ、ここ分からないから教えて?」

    甘えたような目を向けてくる従兄弟の蒼弥
    学校だから、家で使っている呼び名を使うのを辞めて欲しいのだが……。
    何度言っても聞かない。

    「加々美君、今は学校だから白野先生って呼んでくれないかな?
    他の先生にバレたら困るんだけど…。」

    蒼「呼ぶのやめたら、俺のお願い聞いてくれる?」

    まあ、辞めて貰えるならいいか。

    「2つだけだったら、いいよ?」

    蒼「ありがとう。
    じゃあ、お願い1つ目
    俺に言われたことは、全てに対して従うこと!
    2つ目は、俺が言ったことに対しての反論は認めない!……反論した場合は、お仕置きかな?」

    「待って!意味分からないよ?」
    あれ?ソウの目が悪い目に……

    蒼「反論したね?」

    【チュッ】


    蒼「次反論した場合は、もっと恥ずかしいよ?(笑)」

    きゅん

    4

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  4. 類「Trick or Treat
    香澄お菓子ちょうだい?」

    どうしよう。大変だ!
    今日に限って、作ったお菓子を忘れるなんて!!

    「ごめんね、類。実は、お菓子家に忘れちゃったから、
    帰りにでもいいかな?」

    いつもの類なら、許してくれるはずなんだけどな。
    イベントの時って、いつも許してくれないんだよなぁ

    類「やだ。今欲しいから。
    くれないなら、イタズラしてもいいってことでしょ?」

    なんか類のキャラ?が、変わっているんだけど...。
    クール?っていう感じのはず!
    っていうか…「イタズラ!?な、何言ってるの!?
    帰りに渡すって言っているでしょ?」

    類「俺は、今欲しいって言った。
    今くれないなら、イタズラしていいんでしょ?
    ……何しようかな?(黒笑)」

    「えっ……えっとー、」

    少しづつ後ろに下がる
    ガシャ

    類「もう逃げられないね。
    香澄・・・・・(ボソッ」

    「\\\\類のバカ!」

    きゅん

    11

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  5. はぁー、受験生って嫌だよ!
    でも綾斗先輩は、バスケ強豪校行っちゃったし。
    私も、そこの女バス推薦貰ってはいるけど受験すると、足りないしなぁー。
    さていつもの高校通っている妄想して、頑張りますか!!

    ー1時間後ー
    ガチャ
    綾「莉奈?頑張ってるな!」
    「· · ·(集中していて気づいていない)」
    綾(可愛いなぁ。早く自分のものにしたい。でも理人〖莉奈の兄〗にすげぇとめられてるし。
    邪魔したいなぁ、俺以外見ないでほしい。なんていえないけどな。笑)

    ー1時間後ー
    あー!つかれた。少し本読もう!
    「へ?あ、綾斗!?なんで?」
    綾「今頃かよ!1時間前ぐらいから居たぞ?声かけたしな。」
    「そうなんだ。ごめんね。」
    綾「いいって。それにしてもよく頑張ったな。〖頭ポンポン〗
    分からなかったところはあるか?教えるそ。俺も合格して欲しいしな!
    (落ちて、ほかの高校にいかせられるか!)」

    きゅん

    4

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  6. 男「好きです!龍也と付き合っているって聞いて諦めたけど、浮気してるしさ。
    俺は、さくらちゃんを悲しませないからさ、俺と付き合ってください!」

    「あっ、あの 龍「ごめんね? 確かに桜妬かせるために浮気したけどさ、もうやめたし、諦めてもらってもいいかな?
    あー、あと悪いけど、さくらちゃんって呼ぶのやめてもらってもいいかな?
    桜が汚れる。」

    龍也が言ったあと、男は青ざめた顔にして、逃げるようにどこかへいった。

    龍「桜· · ·大好きだよ」

    溺愛彼氏【三芳 龍也】

    きゅん

    5

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  7. なんの本にしようかな。
    そう言えば、図書だよりに新しく新選組の本を入荷したって書いてあった気がする!
    えっと、どこかな?

    剣「沙織!なんでここに居るんだよ!
    試合近いから見てて、アドバイスくれって言ったろ?
    剣道部でいちばん強いのお前だろ?」

    「剣(つるぎ)!確かにわたしは、剣道で、全国大会で優勝した事あるよ?
    私は、尊敬する新選組に少しでも近づきたいと思ったから、同じ誠を信じて
    続けてきた。
    剣だって志があるでしょ?
    私の好きな人は、剣は、それを持っているから強くなれるよ!」

    剣「ありがとな!! 頑張ってみるよ!
    沙織· · · ·」

    「剣のバカーーー!!!!」


    うぅ\\\何も、耳元で(俺も好きだよ)って言わなくても\\
    私が声フェチで、剣の声が一番のお気に入りなの知ってるくせに!!

    剣のバカ!

    大好きだよ!

    きゅん

    2

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  8. 夏「葵先輩!
    良かった。間に合って· · ·。
    今日で卒業ですね…
    えっと、今時間ありますか?」
    夏樹くん· · · 私が委員会で仲良くなった後輩だ。
    相変わらずかっこよくて(好きだなぁ)
    夏「へっ?\\\
    なっ!!先輩!?
    い、いまの本当ですか?\\\」
    口に出してたんだ\\
    「うん。好きだよ。付き合ってください!」
    夏「よろしく!!あおい先輩!」

    きゅん

    5

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

  9. あぁ、中学校最後の総体負けちゃった。
    佳奈と一緒にダブルス頑張ってきたのに!

    結「優華。
    お疲れ様!
    あと2点だったのになー。」

    そう言って頭をポンポンしてくれた。

    「結斗!!」

    結「卓球!高校で一緒に頑張ろうな!!
    俺はサッカーだけどな?(笑)」

    きゅん

    2

    チョコラ*さんをフォロー

    通報する

▲