ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 窓から見えるのは、サッカー部の幼なじみが一生懸命練習している様子。
    もうすぐ中体連。彼の名前は神崎千隼。
    私は親友の栞菜ちゃんを待っていて、窓神から千隼を見ていた。見ていると、ちっさな声で、『千隼、がんばれ!』と言ってしまう。すると、千隼のとこに、ポニーテールをした女のコが走り寄ってきた。彼女は東野朱夏ちゃん。学年1の美女ですごくモテる。朱夏ちゃんは、千隼にタオルを渡し、少し背伸びしてコソッと何か笑いながら言っていた。まわりから見ると、お似合いの二人のように見えるだろうと私は思った。同時に何とも言えないモヤモヤが心に現れた。私はそんな二人を見ていると、千隼がパッとこっちを見た。私はすぐにしゃがんだ。こんな顔してるとこ千隼に見られたくない!なんでか分からないけど、千隼が他の女のコと仲良くしているとこ見たくないのに、じっと見てしまう。

    きゅん

    1

    ゆーぽんゆーぽんさんをフォロー

    通報する

▲