ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 44件ヒットしました

  2. 「大丈夫?倒れたって」
    「なーくん…」
    「よしよし迎えは来るのか?」
    「出張でいない」
    花は母子家庭
    「俺と帰る?」
    「ん、せんせに」
    「ん…先生、花連れて帰ります」
    「七瀬君があの不細工を?」
    「あ?恋人なんで」

    「花どうしたの‼」
    泣いてる
    「ぶさいく?」
    「可愛いよ?」
    「よかっ、かえる」
    おんぶで俺の家に帰りメイドに着替えと医者の手配を頼んだ。
    「花、医者に来てもらったよ、お願いします。僕は外にいるので」
    「はい、空吾お坊ちゃま」

    「や!」
    「暴れないでください」
    「やだ」
    「どうしましたか?」
    「それが、普通の風邪なのですが弱っているので点滴を打とうと」
    「うぅ、なーくん、やぁ~泣」
    「ありがとうございました。薬で何とかします」
    「分かりました、お大事に」
    「花、薬飲んで寝てな」
    「ふぇ?やっ」
    ぎゅっ
    「一緒にいて?」
    涙目で見つめられて襲いそうになったのは言うまでもない…

    きゅん

    4

    天川星さんをフォロー

    通報する

  3. 「春先輩!」
    「よっ來未」
    「ぎゃ!お前じゃない!」
    「どうしたの?來未」
    かっわいいなぁ、俺の彼女。が、なんでっ海斗がくっついてんだよ!
    「離れろよ、海斗」
    「なんで?好きなんだし!」
    「っ!」
    なんで顔赤いんだよ…來未
    「俺の彼女返して。おいで」
    「ひっ」
    きっと俺は顔が怒っているのだろう
    「早く」
    「は、はい」
    「行くよ!」
    「へっ!?」
    腕を引っ張って屋上に連れていく
    ドンっ
    「せんぱっ」
    「ちゅっ」
    「んっ」
    「//か、壁どん…」
    「可愛い、なんでさっき顔赤くしていたの?」
    「うぅ男に免疫ないからです!」
    顔真っ赤…かわいい
    「先輩好きです」
    「えっ//なに突然」
    いきなりの告白に不覚にもドキッとした
    「だって嫉妬じゃないんですか?」
    「へっ!?」
    嫉妬…そうかも
    「嫉妬したからたくさん甘いのちょうだい?」
    口に手を当てる彼女はと恥ずかしそうに顔真っ赤にして抱き着いてきて頷いた。

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  4. 大好きな花先輩と夏休みに入って全く会えていない…早く会いたい!家にいても課題が進まない。散歩に行こう。
    「奏斗くん」
    <パシャ>振り返ると花先輩が…ってパシャ?
    「ふふ。そうだ!花火大会行かない?今日」
    「俺でいいんすか?」
    「うん!」
    花先輩の笑顔マジ天使
    「17時に駅前でいい?」
    「はい!」

    「お、お待たせ!」。
    「花先輩!めっちゃ可愛いです、浴衣」
    「あ、ありがとう!奏斗くんは浴衣じゃないけどかっこいいね!」
    「すみません」
    「謝らなくていいよ、ショックだっただけで…」
    「何がショックなんですか?」
    <パァーン ドン>
    花火が始まったすると先輩はカメラを出して、<パシャ>と一枚撮った。その一枚はプロ並みで後にコンテストで『恋』として優秀賞を取った。
    「ね、私のこと好き?」
    レンズ越しに聞かれて顔が真っ赤になりながら頷くと花先輩はいつもの天使の微笑みでやった!と喜び彼女になった。

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  5. 「星南」
    「生徒会長」
    「お前今日という日は許さないぞ」
    「な、何かしましたか!?」
    「キスされてたな」
    「は、い」
    「体調が悪いとは聞いたがいけない子にはお仕置き…だよな?」
    「ふぇ」
    「泣くなよ?俺がいつも顔色変えないから安心してたのか?」
    「でも授業中じゃ」
    「今日は七夕祭だろ、養護教諭も外に駆り出されてて今日は保健室にもう誰もこねぇよ。後で天の川くらいは見せてやるよ。でもその前にまだあと3時間はあるから彼氏からのお仕置きでたっぷりかわいいがってやる。鳴いてもいいが、ばれてもしらねぇぞ?」
    「生徒会長がここにいていいの?」
    「二人の時は?」
    「伊津くん」
    「ん、いいこ」
    「お願いい伊津くん、やめて」
    「そのお願いはかなえない。織姫と彦星だって年に一度しか会えないし絶対ヤッてるだろ」
    「そんなわけ!」
    「もう黙れ、今日は目隠しな?あと、お尻たたきもしようか?幼馴染みからのお仕置きな?」

    きゅん

    2

    天川星さんをフォロー

    通報する

  6. 「いた!矢夜」
    「玻名城先輩!」
    「後ろに隠したもの見せなさい」
    「やです」
    短冊を隠した俺の彼女は見せない。
    「短冊じゃないの?」
    「そうです、けど…」
    「見せられないようなこと書いたの?」
    浮気とか、他に好きな人ができたとかじゃないよな?
    「俺不安になっちゃうんだけど…」
    「そんな内容じゃありません!恥ずかしいだけです!」
    「ふーん」
    俺は近づいてキスをしながら後ろから取った。
    「んんっ」
    「かわいい…どれどれ、『織姫と彦星が会えますように』か。優しいね」
    「ううっ、恥ずかしい」
    かわいい!
    「もし1年に1度しか会えなくなったら先輩どうしますか?」
    「んー」
    それはヤバいな我慢できなくなる
    「そうなったら、チュッ」
    「んっ」
    「毎日会えなくて俺が干からびる、チューーーー」
    「んんんんっ!!!な、長っ」
    「そんなこともしもで話しちゃうなんて、お仕置き、今日は寝かせないから」

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  7. 「優愛」
    「せ、先生!こ、ここ学校ですよ!」
    動揺しすぎだろ。可愛い反応を見せるのは俺の大切な生徒で好きな人だ。今日は七夕祭だからグランドは生徒たちで盛り上がっている。
    「先生、転勤ってホント?」
    ///上目遣いかわいい
    「とばされることになっただけ」
    こいつのこと好きになったのに、春川という生徒に今いる屋上で襲われかけていたところを新聞部の生徒に見られ、俺が襲っていたと勘違いしたその生徒は学校内にばらし、とばされることになってしまった。ほんとのことを伝えたが校長は許してくれず、春川は退学俺は外国までとばされることになった。
    「せ、先生といたら罰が重くなっちゃうかもしれないので戻ります!」
    「ま、待って!」
    「先生?」
    「俺さ優愛が好きなんだわ、年に一度しか会えなくなるけど、付き合ってほしい」
    「七夕?」
    「そう」
    「織姫と彦星みたい、喜んで!」
    「成人したら一緒に住もう!」
    「うん!」

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  8. 「涙、何してるの?」
    「短冊何かこっかなって思って。海は?」
    今日は七夕か…この学校は毎年七夕祭が行われる。
    「俺?内緒」
    俺は『ずっと涙と一緒にいれますように』と書いた紙を後ろに隠して答える。
    「うしろの手にあるのは?」
    げっ!ば、ばれた!
    「な、なんでもない!」
    「私の見せるから、見せてよ!」
    うっ、み、見たい!でも、恥ずかしい!

    「私のは、これ!」
    キラキラした目と照れ顔で見せてくれたものには
    『彼氏とずっと一緒にいて、これから毎日楽しみたい』
    ///////
    か、かわいいいいいいい!…でも待てよ、これ見たってことは俺も見せるんだよな…はずかしっ

    「海、見せて!」
    「…はい」
    「///////」
    「お前しかかなえられねぇんだし頼む」
    「わ、私もだよ」

    今日も君が好きだよ

    「ちゅっ」
    「//////」
    真っ赤になってかわいい

    想いを込めて、一緒に天の川の星空を見た。

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  9. 前回の続き

    二人が出てった後、
    「伊織はまだ見てるの?」
    「隼人も見る?」
    「…俺らのライバルなんだけど…」
    「!…ご、ごめんね」
    伊織はやっと気づいたらしく雑誌を閉めた。その雑誌を俺は取った。
    「これは没収な。」
    「え!なんでぇ~」
    「はぁ?」
    分かったんじゃなかったのかよ…
    「それ隼人が沢山写ってるの!だから返して~」
    …え!
    「あっ、////」
    自分が言った言葉で恥ずかしくなったのか真っ赤な顔をしているが俺も熱くなってきた
    「///し、仕方ないな、はい。」
    「ありがとう!///」
    「でももう絶対俺以外を見つめるなよ。」
    「う、うん!」
    手をグーにしてうなずく彼女がかわいい。
    「チュッ」
    「んっ////」
    「もう一回いい?」
    「こ、ここではだめ!」
    真っ赤な顔を横に振る。それがかわいくて、
    「家に帰ったら俺の気持ち分キスするからな}
    と耳元でささやいた。彼女は顔が真っ赤だった。

    きゅん

    4

    天川星さんをフォロー

    通報する

  10. 「喜楽!見てみてこのアイドル!めっちゃかっこいいの!」
    「いお、またそんなの見て。確かにかっこいいけどさ。」
    二人が見ているのはアイドル雑誌の俺らのライバル的存在。

    「そういえば、何でここに透先輩と隼人がいるの?」
    「いお、忘れたの?今日から一緒にお昼食べることになったって話したじゃない。」
    「あぁ、そうだった。」
    俺の彼女の伊織はどうやら忘れやすいらしい。

    「で、俺らに何見せつけてるわけ?」
    少し怒り気味に言う。
    「あわわ…と、透先輩ごめんなさい、な、なんかわからないですけど怒ってますよね。」
    ペコペコ謝っている透の彼女。な・の・に!俺の彼女は変わらず、雑誌に夢中だ。
    「いいよ、許すから…キスしてよ。」
    「え!」
    「一度してくれたら俺がどれだけお前が好きか教えてあげるから、ね?」
    こいつらは結局教室から出ていくことにしたらしく次の授業は帰ってこなかった。

    →次回俺らの話だ

    きゅん

    2

    天川星さんをフォロー

    通報する

  11. 「こんな隙間にいたのかよ、喜楽。」
    「ふぇ!!」
    びっくりしたぁ〜、透先輩だ。

    「先輩どしたんですか?」
    「…ん。」
    「なんですか?これ」
    「バレンタインのおかえし!今日ホワイトデーだろ?」
    「大変ですね、返す人いっぱいで」
    透先輩はrealizeというアイドルだけど、私と付き合ってくれている。周りには内緒だけど
    「は?俺がみんなに返すわけないだろ?」
    「え?」
    「お前だけだよ、ちゅっ…ん、可愛いな」
    恥ずかしい、口にキスされるなんて///
    「わ、私からも…感謝を込めてつくったマカロンです」
    「!…ダメ」
    「だ、だめですか?ふぇ…」
    な、泣きそう…俯いていると、
    「欲しいけど…は、反則!可愛すぎる!…でも、こっちもくれない?ちゅっ」
    /////
    身体を抱き抱えられキスされ続けられた。
    「ふわぁ…」
    透先輩は顔を耳元に近づけて呟かれた。
    「マカロンの意味知ってる?」

    《特別な人》

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  12. 「やだ!帰らない!」
    「なりません!帰りますよ!」
    私悠里は超がつくほどのお嬢様…今日は卒業式だった。好きになった晴人くん告白してないしあえてもない
    「帰りますよ!」
    彼は執事の綾鷹
    『ガラッ』
    「紗南柄!」
    「晴人くん!」
    「芹生院様こないでください!」
    私を担ぐ綾鷹、
    「降ろしなさい!」
    「…」
    『トン』
    綾鷹によって私は意識を失わされた。最後の日なのに…
    -晴人-
    「何してるんだ」
    「近づかないでください」
    「はぁ!?」
    「…不良のあなたとつるまれては困ります」
    「!…それでも俺はその子が好きなんだ…」
    「分かりました…お嬢様…」
    「んっ…何するの!綾鷹!」
    執事の彼にキスされる彼女、その起こし方は…
    「お嬢様、一言だけ申すことを許します。」
    「!」
    「早く」
    「晴人くん好き!付き合って!」
    「…!俺も好きだ!」
    「…」
    俺らは付き合うことになった…

    「俺だって好きだったのに…」

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  13. 「あ、海」
    「おぅ!春、どうした?」
    あぁ…どうしよう!恥ずかしくなったきた!
    今日はとうとうバレンタインデー…

    『ゴソゴソ』
    「あ、あのね!こ、これ!」
    チョコを差し出す。
    「え、俺に?」
    『コクコク!』
    「嬉しい!ありがとな」
    「やったぁ〜、喜んでもらえて嬉しい!」
    「あはは、顔真っ赤だし、手も震えてし、そんな緊張したのかよ?」
    だだって〜!
    「か、彼氏に渡すからって緊張量が変わるわけなくてね!恥ずかしいんだもん…」
    「ははっ、そっか。食べていい?」
    「も、もちろん!」
    「やった!…あっ、綺麗で可愛くて食べるのもったいないなぁ」

    『パシャパシャ…』
    あれま、写真取り出しちゃった…ボンボンショコラを作ってみたけど、喜んでもらえてよかったぁ…
    「いただきます!」
    『パクッ』
    「!!!美味しい!!!」
    「!ほんと!?よかったぁ!」
    「本当にありがとな?」
    『ちゅっ』
    「//////」

    きゅん

    5

    天川星さんをフォロー

    通報する

  14. 「バレンタインチョコは?…」
    …今は授業中……隣から小声が聞こえた?私の好きな人、佐藤くんがニコニコしてこっちをみている。
    「ない」
    あ、冷たくなってしまった…私はクラスでクールキャラでいるから、可愛くは答えられない…
    「ないの?」
    そんな子犬のような目で…いつも自信満々で“くれるだろ?”はどこいったの
    「後でにしてその話」
    しゅんっとしてる…
    『キーンコーンカーンコーン』
    「次の授業は…」
    「小夜野!チョコは!?」
    「…」
    「はぁ、説教するから屋上に来いよ!!」
    うっ、怒らせちゃった……実は持ってきてるんだけど…渡せないよぉ…恥ずかしい!
    『ガチャ』
    「よぉ、きたか?ほらっ、ちょーだい?」
    どうやら見破られていたらしい。
    「…はい」
    「ありがとな!…で、これ本命?義理?」
    「…ほ、本命!」
    「じゃあ食べる!これからもよろしくな?」
    彼の優しさで私たちの関係が変わった瞬間だった。

    きゅん

    5

    天川星さんをフォロー

    通報する

  15. 私、田沼 菜穂は今階段から落ちました…

    早く行かないと、待ち合わせをしている先輩を待たせちゃう!

    「菜穂ちゃん!」
    「!」
    あっ、春先輩だ〜!…?…え!?声が出てない!
    「どした?」
    どうしよう…あっ、紙!
    『階段から落ちて、足怪我して、なんか声が出てないみたいです!』と書く。

    「!?え、…ちょっと足見るな?」
    頷くと足首を掴まれて見られる。痛くて顔が歪む。
    「ごめん。…折れてるかも」
    「!?」
    「一度病院行こうか」
    「(やだ!)」
    「こーら、逃げない!まず保健室な」
    お姫様抱っこされて連れて行かれたが先生がいなく2人っきり。ベッドに降ろされ、先輩は私を跨ぐ体制になって逃げれない。
    「お、俺さ、今日言おうと思ってたことがあって…実はさずっと菜穂ちゃんが好きだった。付き合って欲しい」
    驚きと喜びで痛みなんて忘れてしまった。
    「わたしも、好き」
    「え、声出た?」
    「!…先輩よろしくね!」

    きゅん

    3

    天川星さんをフォロー

    通報する

  16. 「せ、先輩!これ!どういうことですか!」
    せっかくお昼寝してるのに机を叩かれて目を開ける。
    「んぁ、なぁに〜?」
    「か、可愛い…」
    「ふぇ?」
    見上げると後輩の春くんが。
    「ふわぁ?」
    「ね、眠そうですね…可愛いです、じゃなくて…こ!れ!」
    手元を覗くとモデルの私の表紙の雑誌が…
    「ひゃあ!そそそそそれはダメ!見ちゃダメ!!」
    は、恥ずかしい!!今回は水着と下着の雑誌なのに!
    「こんなのまたファンが増えちゃうじゃないですか!どうするんですか!!俺の前だけでこんなカッコしてくださいよ!」
    「「/////」」
    そ、そんなこと言っちゃったら…
    うぅ〜、外野から視線感じる〜!
    「先輩?」
    「う〜」
    威嚇すると小声で
    「可愛いですけど、その顔も家だけで見せたください?」
    「ば、ばか!」
    「今夜家で脱がせてあげますね?その後も期待してますよ?」
    私は真っ赤な顔で午後の授業を受けることになったのだった。

    きゅん

    6

    天川星さんをフォロー

    通報する

  17. 「君が好きだよ、今でもまだ、忘れられない。還ってきてよ!」

    8ヶ月前…
    俺の大切な彼女で幼なじみの川野涼子は余命があと8ヶ月……悲しい、寂しい、悔しい、お見舞いで泣かないようにするのがやっと…

    ガラッ
    「いらしゃい」
    「涼子…」
    「どた?やよくん?」
    「今日はどうだったんだ?検査」
    「えとあっかしてるて」
    彼女は心臓と頭と喉に病気がある。頭に爆弾を抱えている。
    「や、よくくん?」
    「ごめんごめん、そっか」

    6ヶ月後…
    「…」
    彼女は口パクで会話する。
    「うん、そっか」

    命日
    「…ゃ…ょ…好き…」
    振り絞って声を出す彼女。
    「俺も好きだよ!大好き!愛してる!俺ずっとお前のこと好きだよ!これからも愛し続けるよ!」
    「ふふ…あり…と」
    「俺も今までありがと!」
    彼女は最後は笑って向こうに逝った。

    俺はまだ君のことが忘れられなくて好き…
    いつか生まれ変わってくれるまで君を待ってるよ…

    きゅん

    4

    天川星さんをフォロー

    通報する

  18. 彼目線…

    「こんなとこで何してんのー?」
    え?何無視?
    「静かにしなさい!春川くん!」
    「ごめん!」
    「敬語で話しなさい」
    「天さん過呼吸で倒れたの」
    倒れるなんて初めてだ…心配だ
    「ちょっと行ってくるわ」

    「瑠衣?」
    「笹せんぱい?」
    「え!なんでいるんですか!?」
    「ただの過呼吸なわけ?」
    「な、え…」
    かわいい
    「最近ちゃんと寝てないからかも?です」
    「なんで?」
    「いろいろあって?」
    「ちゃんと言え、イケナイことしたいの?」
    ってか俺がしたい。
    「や!ふぇ…うぅー…」
    え、ちょ、泣いてる…どうしよ
    「さ、みしかった!せん、ぱいが、いつも女の子と遊んでて…」
    嫉妬?可愛い
    「それはどういう意味?」
    「はわわ」
    チュッ
    「ふぇ!な、なんですか!?」
    「言わないからキスしちゃった。好きだよ、付き合って。いや、付き合えよ?」

    もう一度キスすると彼女から優しいキスが返ってきた。

    きゅん

    2

    天川星さんをフォロー

    通報する

  19. 私はパティシエ部でお菓子を作っている。部員は10人で9人男の後輩。
    「これできないっす!」
    「ペシャンコになりました」
    「えと。これはこうして?…でこれはBPが足りてない」
    私は毎日テストをしてて受かるまで帰れない。部長が判定するから…今日はまだ3人いて…
    「晴見沢せんぱーいいますかー?」
    「「「誰だ!?」」」
    「え?…と、佐田くん?」
    「はい!なんで男しかいない部入ったんすか?…ってか早く帰りません?」
    「3人まだだから先帰って?」
    「…先輩襲われたらどうするんですか!?」
    「こんな地味子に?絶対ないわよ」
    「可愛いの自覚してください…僕の大好きな彼女奪うなよ!」
    「「「はぁ! ?」」」
    「せんぱい?家帰ったら絶対にお尻叩きの刑か1日されるがままの刑を執行しますからね!」
    「やっ!」
    「逃せませんよ?」
    「いやぁぁー!」


    結局両方の刑が執行され、翌日私たちの同居は学校中に広まった…

    きゅん

    5

    天川星さんをフォロー

    通報する

  20. 「なぁ、今日の夜ごはん、唐揚げな?」
    「「え!?、何あの子!?」
    「ちょっ!せ、先輩!こ、ここまだ学校の敷地ですから!し、静かにしてください!」
    この人は私の彼氏で同居中の、大学のミスコン優勝者の斎藤裕也先輩でも性格が俺様で…
    「文句あんの?」
    「な、ないです!す、すみません!」
    睨まれるととても怖い。
    「はぁ、家でお仕置きな?」
    「や、やです!…ゆ、斎藤先輩〜…」
    な、泣きそう…
    「あ、あー…泣くな!っつか、裕也って呼べって!…そんな痛いことしないって…ごにょごにょするだけだから!」
    「「な、何する気なのよ!」」
    ま、周りからの視線が怖いし、なんでそんなこと平気な顔で言うのよ…
    「/////ゆ、裕也…家帰ってから話そ?」
    「そうか、早く帰ってお仕置きして欲しいもんな?」
    「ち、違っ////」
    「大丈夫、隅々まで可愛がってあげるから、高校時代と違って20歳過ぎたしな?」
    「////」

    きゅん

    6

    天川星さんをフォロー

    通報する

  21. 「あの!好きです!付き合ってください!」
    また〜!?今日5回目の告白…
    「わ、私可愛くないしなんなら地味だし…なのになんで私なんですか?」
    少し気になって聞いてみる。
    「か、可愛いですよ!とても!美人だし!優しいじゃん!」
    「…でもごめんなさい、あなたのこと知らないし…」
    「神奈ちゃん美人だし今まで何度も付き合ったことあるでしょ?俺ともさぁ〜、ね?」
    「いや!ないです!」
    「ヤリまくってるって評判だよ?俺もそれ聞いてラッキーと思ってさ?どう?」
    「付き合ったことないです…」
    「おい、授業始まるぞ?」
    「し、失礼します!」
    彼は走ってった。まだ15分休みは残っていた。
    「助かりました、ありがとうございます。」
    「お前気をつけろよ?美人で有名だし、一応言うと、先生の中でもなんか企んでるやついるからな。全然わかってなさそうだからもう言うぞ?…神奈が好きだ。」
    名前で呼ぶなんて反則だ///

    きゅん

    5

    天川星さんをフォロー

    通報する

▲