ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 38件ヒットしました

  2. 「紗代ちゃん〜わかんないよ〜」
    1人で嘆いているのは彼氏の洸太。
    「教えるから一旦落ち着いて、関係詞だっけ?」
    「…そう」
    「ここはこうでって聞いてる?」
    「聞いてない」
    「もう!」
    「紗代ちゃんが可愛いんだもん」
    「最初っから説明するよ」
    「もういいよ」
    「なんでさ」
    「だってここわかるもん」
    「は?!」
    「もっとイチャつきたかったの。最近黒瀬とかいう男周りにいるでしょ?」
    「そんなこと?」
    「一個下なんだからそりゃ気になるよ。本当はもっと一緒に帰りたいし。だから今日はいっぱいイチャイチャしよー!」
    洸太は立ち上がって抱きつこうとした。
    「待って」
    「やだ?」
    「家行こ」
    「へぇ。紗代もイチャつきたかったんだ」
    「悪い?」
    可愛げのない返事ばかりだけど、私も洸太ともっといたいと思ってたんだよ。
    「紗代ちゃん、大好き!」
    なんて、いつも言ってくれる洸太に私は好きのひとつも言えないけれど。

    きゅん

    11

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  3. 放課後。教室の窓からみるサッカーが好き。
    この時間だけは誰にも邪魔されたくはない。
    「京子ちゃん」
    後ろを振り向くと同級生の斉藤がいた。
    「何見てるの?」
    「サッカー」
    「好きな人でもいるの?」
    「別に」
    「俺もサッカーしたいなぁ」
    と言いながら斉藤は隣に来た。斉藤も去年まであちら側にいたが怪我をして辞めたらしい。
    「なーんてね。京子ちゃんに会えたから良いや」
    斉藤の話を聞きながしながらみていると、川北先輩がこちらに気づいたようで手を振ってくれた。この時がどうしようもなく嬉しい。
    「京子ちゃん川北さんが好きなんでしょ」
    「…」
    「みてたらわかるよ。そんな真っ赤にして。俺の話半分も聞いてないでしょ」
    「…離して」
    気づいたときには後ろから抱きしめられていた。
    「何で?」
    「先輩にみられたくない」
    「すごい好きなんだね。でも俺のことも少しくらい見てよ。俺だって京子ちゃんがすごい好きなんだから」

    きゅん

    5

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  4. 「結衣ちゃん」
    名前を呼ばれた気がして上を向くと幼馴染の啓斗がいた。
    「何?」
    「何って…昼じゃん」
    2年生になると何故か啓斗は昼を食べに私のところへ来るようになった。
    「今日もここで食べるの?」
    「もちろん」
    すでに私の前にはお弁当が広げられていた。
    「友達減るんだけど」
    「それだけで減らないだろ」
    「さぁ、女は怖いから」
    啓斗は私など気にせず黙々と弁当を食べている。
    「啓斗もしかして…友達いないの?」
    「は…?」
    「だって、クラス離れてから毎日来るじゃん。だからいないのかなーって…」
    顔色を伺いながら聞くと啓斗は大声で笑い始めた。
    「違う、違うよ。オレはただ結衣ちゃんが気になるだけ」
    私が気になる…?
    「どういう意味?」
    「ごちそうさま。じゃあオレ帰る」
    「え、あっちょっと!」
    何なんだろう。本当に。最近の啓斗は何だかおかしい。

    きゅん

    12

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  5. 「ちょっと後ろ向いて」
    「何?」
    という私の声を気にもせず雪斗は
    リュックの中を漁っている
    すると突然、後ろを向いた私の首に
    彼の手が伸びて来ると
    「バレンタインのお返し」
    と言う声が耳元で聞こえた
    首元には銀色に光るネックレスがあった
    「…ありがと」
    「ん。元気ない?」
    雪斗はそのまま後ろから抱きついてきた
    「いや、ビックリしちゃって。付き合う前まではお菓子だったから」
    この距離はいつだって慣れず声が上ずる
    「そりゃあ彼女だから」
    「前の彼女にもあげてたんだ」
    「あげてないよ」
    ふたりきりの教室に雪斗の優しい声が響きわたる
    「雪斗カッコイイから信じられない」
    「…ネックレス。あげた意味。わかる?」
    「え?」
    「簡単に言うと、束縛」
    雪斗は私を抱きしめている手をいっそう強くした
    「心配しなくても離れないよ」
    「心配するよ」
    「何で?」

    「そんなの。全てが可愛いからに決まってるじゃん」

    きゅん

    9

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  6. 「鳴海…?」
    保健室に戻ると卒業したはずの鳴海はベッドに座っていた
    「バレンタインのお返し貰いに来ました」
    とニコニコして言う
    「あ、あぁ、そうか、うん、ちょっと待て」
    「何でそんなに驚いているんですか」
    「いや、夢かなと」
    「そんなに嬉しいんですか」
    「来ると思ってなかったんだよ」
    と言いながら俺はアメが入った箱を渡した
    「それでも用意してたんですね」
    「鳴海からしか貰ってねぇしな」
    鳴海は早速箱を開け始めた
    「先生…これ意味わかってます?アメの意味は「貴方と付き合いたい。だろ。俺も調べたよ」
    「私生徒ですよ」
    「もう元生徒だろ。まだ未成年なのは変わらないけどな」
    「マカロンあげましたよね。そういうことです」
    と言う鳴海の頬はほんのり赤くなっていた
    「どういうことだよ」とからかってみると
    「先生のこと好きじゃなかったらここに来てませんっ」
    俺は、胸の中の重苦しさが減ったような気がした

    きゅん

    6

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  7. バレンタインの日
    俺は勇気をだして花乃先輩に告白したが数日経っても返事はない
    屋上で一緒にお昼を食べる(俺が無理やり一緒に食べる)という関係のままだ
    「いつまでも待つから」とは言ったものの、この関係はむず痒い
    が、急かすのも「待つ」と言った手前したくない

    「先輩の弁当今日も美味しそう」
    「あげないよ」
    さすがわかっている。俺は欲しかった
    「そう言えばチョコどうでした?」
    「美味しかったよ。手作り?」
    「俺の夢一応パティシエ」
    「凄いね、夢あるの、しかも美味しいし、ビックリ」
    「でもご飯系は得意じゃない」
    「明日から作ってあげるよ」
    「花乃先輩それって…」

    「私、立川の…琉真の彼女になる」

    勢いで抱きしめそうになったが自重した

    「花乃…抱きしめていい…?」

    「その言い方は反則」と言って顔を赤らめながら俺の膝の上に座った
    そして「スイーツは琉真が作ってよね」ととびきりの笑顔で言った

    きゅん

    8

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  8. 「チョコどうだった?」

    バレンタインから数日後
    晴れて湊音は1つ下の幼馴染である舞美と付き合うこととなり、毎日登下校を共にしている

    「うん、美味しかった」

    舞美が満足そうに笑った
    少しからかいたくなって
    「でも、甘くはなかった」と言うと
    「えっ、砂糖と塩間違えたのかなぁ」
    と困った顔で舞美は呟いた
    湊音は「そうじゃない」と言って
    くちびるに軽くキスをした

    「こっちの方が甘いから」

    舞美はわかりやすく照れる

    「湊音この間のキス、ファーストキスじゃないでしょ」

    「ちょ、怒んなよ、マジでファーストだったから」

    「でも、手慣れてるよね」

    「舞美が可愛いからついしたくなるんだよ…てか、何、ヤキモチ?」

    「悪い?」

    うん、舞美のツンデレも悪くない

    「…悪くない」

    恥ずかしそうに
    「キス1回じゃ足りない」と言った舞美は
    本当に可愛くて湊音はよりいっそう
    舞美にハマるのだった

    きゅん

    9

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  9. 「課題終わったか、髙島」
    「あと少しです」
    と言うと先生は髙島の前の席に座った
    「何でやってこなかった?」
    「…今日はバレンタインですね」
    ペンを走らせながら言う
    「あぁ。そうだな?」
    「何個貰いました?」
    「ゼロ」
    「断ったんですか?」
    「そりゃそうだろ。彼女いるし」
    思わず髙島は顔がほころぶ
    「それ俺の?」
    机の横にさげておいた袋
    「そうです、これ作ってたんです」
    髙島は控えめに言う
    「朝からいつ作れるのかなーて思ってた」
    「課題やってる人の目の前で食べるんですか」
    「ん。美味しい」
    「ちょっと、話聞いてまっ…んッッ」
    「こうした方が甘い」
    「ここ学校…」
    「つぐみが可愛いのが悪い」
    「もう、そういう時の名前呼びは反則です」
    「ん?これ…」
    「今日誕生日でしょ」
    「覚えてたんだ、ありがとな。つぐみ」
    先生はもう一度キスをしようとしたが
    つぐみはそれを制して
    「ここ学校ですよ」
    と笑った

    きゅん

    13

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  10. 校門を出ると1つ上の幼馴染がいた
    カッコイイことを少しは自覚して欲しい
    通り過ぎる女子が皆コチラをチラチラ見ている
    「湊音?」
    「おう。さっきの誰?玄関の」
    「担任の先生だよ?」
    「そうか」
    と短く答えると湊音は歩き始めた
    舞美はそれに続く
    「なぁ、あいつにはチョコあげたのか」
    「…うん?」
    「ふぅん。俺にはチョコねぇの?」
    「家にあるよ」
    「そうか」
    「ねぇ、今日どうしたの?」
    「高校生になってから前より可愛くなってもうほっとけねぇの」
    「ありがとう?」
    「はぁぁぁぁ。お前って本当に鈍感だよなぁ。
    …俺はずっと前から舞美が好きなんだよ」
    「…マジ?」
    「告白してるのに色気ねぇ返事だな」
    「だって「信じられない?」

    舞美が頷くと湊音は舞美を抱き寄せて優しいキスをした

    「これ俺のファーストキス」

    そう言って足早に歩き出した湊音の耳は
    普段からは想像つかないくらい真っ赤になっていた

    きゅん

    6

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  11. 目の前にいる薫は仕事を終えたようだった
    「美桜さんお疲れ様です」
    「お疲れー、あ、ちょっと待って、コレ」
    「何ですか?」
    「ハッピーバレンタイン」
    「すいません、僕チョコ苦手です…」
    「うん、だから薫くんだけクッキー」
    薫の顔がパァっと明るくなる
    「すごい嬉しそうな顔」
    「僕クッキーは好きなので」
    「大したもんじゃないけどね」
    「いえ、ありがとうございます」
    そう言うと薫はラッピングを解き始めた
    「ちょ、ここで食べるの?」
    「お腹すいてるので」
    天然にも程がある
    まぁでも目の前で反応が見られるのは嬉しいかな
    「どう?」
    「美味しいです!」
    「良かったぁ」
    「美桜さんてモテますよね」
    「え?彼氏はいるけど」
    「彼氏さん大変ですね」
    「ん?」
    「だって俺、美桜さんに惚れてますもん」
    「冗談でしょ」
    「本気ですよ。これからは覚悟してくださいね?」
    薫は得意げに笑って生徒会室から出ていった

    きゅん

    8

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  12. はぁ、やっぱり無理かぁ
    朝も昼も帰りも3年の廊下に来たけど
    好きな人は女の子に囲まれていた
    毎年だけど今年は渡したかったなぁ
    そう思いながらクルリと身体を階段の方に向けて玄関に向かう

    「立夏」

    声が聞こえた先にいたのは仲本先輩だった

    「あ、やべ、ちょっと」

    そう言って腕を掴んで走り出す

    「はぁ、まいたか」
    「えっとー…先輩痛いです」
    「あぁ、わりぃ。座ろう」

    着いたのは人気ない旧校舎

    「立夏は俺にチョコないの?」
    「ありますけど」
    「やったー!」
    「先輩たくさん貰ってるでしょう?」
    「貰ってないよ。全部断わった」
    「何でですか?」
    「立夏が好きだから」
    「先輩とは図書室で会ってただけなのに…」
    「俺本読まないよ」
    「え…」
    「俺、立夏に会いたくて。立夏といると安心するの」

    そう言った先輩の顔は夕日のせいか赤くて、
    今までで1番素敵な顔で笑っていた

    きゅん

    13

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  13. 「光希!」

    莉子は光希に声をかけた
    バレンタインのチョコを渡すためだ
    光希が振り向くと目の前には女の子がいる
    莉子はやっぱ何でもない!と言って外に出た
    去年もその前もその前の前もそうだった
    光希の隣にはきまって彼女がいる
    莉子が入る隙はない
    いや、莉子は動かないのだ
    今の関係を失いたくないから

    「莉子!」

    校門をくぐる時呼び止められた
    間違いなく光希だ

    「待てよ」

    莉子はいつの間にか涙を流していて光希は肩で息をしていた

    「何泣いてんだ」
    「何しに来たの。彼女は?」
    「何そんな怒ってんだ。彼女じゃない。クラスの奴だ。俺は莉子に貰いたいんだ」
    「え?」
    「だから俺は!莉子が1番好きだって気づいたんだよ」
    「去年もその前もその前の前も本当は作ってたよ。ずっと光希が好きだったから」

    チョコを渡した莉子の涙は嬉し涙に変わっていた
    光希はありがとうと笑って莉子のおでこに優しくキスをした

    きゅん

    14

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  14. 「今日もぼっちか?」

    屋上に来ると聞こえてくるぶっきらぼうな声

    「ひとりが好きなの」
    「俺も一緒に食べます」
    「ねぇ、私の話聞いてた?」
    「二人の方が美味しい」

    花乃は数ヶ月前出会ってから
    いつもサボっているコイツに懐かれていた
    人気者なのに私と弁当だなんて不似合いだ
    お弁当を広げると急に手が伸びてきた

    「ちょっ「うまい。これ自分で作ったのか」
    「そうだけど」
    「毎日食えたら幸せだ」
    「作ろうか?」
    「いいのか」
    「あー、やっぱやめた」
    「何で?」
    「恋人じゃああるまいし」
    「恋人になればいいんですね」
    「天然女たらし…」
    「何か言いました?」
    そう言って四角いものを差し出した
    「何これ?」
    「チョコ。バレンタインだろ」
    逆チョコ…
    思わず笑みがこぼれた
    「花乃先輩、俺と付き合ってくれませんか」
    「何で?」
    「好きだから…あと弁当食べたい」
    「正直だなぁ」
    そう言って花乃は笑った

    きゅん

    12

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  15. 桜雪は学校帰り駅の外でスマホを触りながらバスを待っていた
    昼間は暑かったけれど、もう秋だ
    夕方になると寒くなる
    羽織るものを忘れた桜雪は駅の中に行くのが面倒で仕方なく外でふるえていた

    ─バサッ

    ふいに視界が暗くなった
    何かをかけられたようだ
    取ってみるとそこにはクラスメイトの佐々岡がいた

    「あー、そんなとこいたら風邪ひくぞ」

    暗くて表情が読めない

    「俺ので悪いけどそれ着とけ」
    「悪いよ」
    「俺のじゃ嫌か」
    「そ、そういうわけじゃない…!でも、佐々岡風邪ひいちゃうよ?」
    「俺は、馬鹿だから大丈夫だ、お前が来れなかったら俺が困るんだよ、じゃあな」

    佐々岡は笑ってそう言ってから駅へと向かった
    桜雪はそれにあわせてありがとうと叫ぶと佐々岡は手をひらひらさせた

    佐々岡のジャンパーはあたたかかった

    きゅん

    6

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  16. 俺の目の前で好きな人が生徒会の仕事してる

    「なぁ瑞穂って好きな人いるのか?」
    「えっ?い、いないよ」

    いないとはいったものの、瑞穂の顔は火照っている

    「そっか」
    「何で?」
    「純粋な…好奇心?」

    何だそれ、と瑞穂は声を上げて笑っている

    「先生は?」
    「俺はいるよ」
    「ふーん」

    それから少しの間沈黙が流れた

    「よし、終わったぁー!」
    「お疲れさま」
    「ありがとう。もう帰る?」
    「おう、車乗ってく?」
    「もちろん!」
    「だよな、生徒玄関で待ってろ」
    「ありがとう」

    「お兄ちゃん‼」

    そう、俺はお兄ちゃんだから、これは決して叶えられない恋なんだ

    きゅん

    6

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  17. 瑞穂は書類整理をしながら溜息をついた

    「好き…なんて言えないよなぁ」

    ──ガタッ

    「先生‼」

    今の聞いてなかったよな…と少し不安になる

    「よっ!瑞穂、生徒会の仕事か?」
    「うん、学祭近いからね」
    「あー、それよりお前誰かに恋してるのか?」
    「え?」
    「好きなんて言えないよなぁーって言ってたじゃん」
    「聞いてたのー⁉」
    「おう、誰だ、幼馴染の真嶋か?」
    「教えなぁーい」

    言えるわけないよ

    『髙橋先生、お電話です。至急職員室まで来てください』

    「お、電話か、俺行くわ。仕事頑張れよ」

    だって…

    「…先生‼」
    「ん?何だ?」
    「いや…先生も…お兄ちゃんも仕事頑張ってね」
    「おう‼あ、みんなの前では先生って呼べよ?」

    だって相手は先生でありお兄ちゃんなんだから


    瑞穂は誰もいない生徒会室でひとり寂しく涙を流した

    きゅん

    6

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  18. 私は後輩の律に呼び出されて放課後屋上へ来たのだがいつの間にか陰で眠っていたらしい
    目が覚めると陽は落ち始めていてなにやら声が聞こえた
    「美…ん俺…て…さい」
    うまく聞こえないけど、律?
    「美彩さん、俺と付き合ってくれませんか」
    え、私のこと…
    「違うな…美彩さん、好きです、付き合ってください」
    「美彩、俺と付き合え」
    「美彩、俺と付き合ってくれる?」
    「美彩さん、俺と付き合ってください。ずっと好きなんだ」
    「はぁ〜〜どうしよう、てか美彩さん、いつ来るかなぁ」
    「ぷはははははっ」
    つい笑ってしまった
    「み、美彩さん⁉いつからいたんですか‼」
    「ずっといて、寝ててさっき起きたの」
    「わ、笑いすぎですよ」
    「ごめん、あははっ」
    笑いが止まらずにいると急に腕を引っ張られ気づくと彼の腕の中にいた
    「美彩。好きだ。俺と付き合って」
    耳元で囁かれて
    「私も好きだよ」
    と言ったのは言うまでもない

    きゅん

    9

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  19. 『双子のえりまりだ〜♡』
    『えりは可愛いまりはかっこいい♡』
    廊下を歩くとそんな声がいつも聞こえてくる
    私は可愛くなりたかった
    えりが羨ましい
    ─放課後校舎裏に来てください
    朝靴箱を見るとそう書かれた手紙が入っていた
    また間違えたのではないかと思った
    告白される相手は決まってえりだから

    「俺1年H組の香山総って言います」
    後輩だ…しかもHって問題児クラスだよ…
    「俺始めてみた時に一目惚れして付き合ってくれませんか?」
    「双子のえりと勘違い…してない?」
    「してません。俺は陸上部のまりさんが好きなんです」
    「本当に私⁉⁉」
    「そうっすよ。って何で泣いてるんすか⁉」
    「ごめん、嬉しくて。初めてだから。でも、ごめんね、私あなたのこと知らないからこれからたくさん教えてくれる?」
    「もちろんっす!必ず落としてみせますよ‼」
    と無邪気にはにかんだ彼に問題児という言葉は似合わないと思った

    きゅん

    15

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  20. 「何で私を好きになったの?」
    最近私達は屋上で弁当を食べている
    「4月陸部の見学で頑張ってる姿みてかっこいいなって思ったんす。一目惚れです」
    「ふーん」
    「あと反応も顔も可愛い」
    「えっ⁉」
    告白されてから2ヶ月
    総のことが少しずつわかってきた
    そろそろ返事をしなきゃならない
    「まりさん、俺まりさんと付き合える確率ってゼロですかね、もう俺迷惑だったら言ってくだ「そんなことないよ!私総のこと好きだ…もん…」
    「やっと言ってくれましたね」
    「え?」
    「もうそろそろ好きになってくれてるかなって」
    「女慣れしてるんだ」
    「ヤキモチしてるまりさんも可愛いです。俺の恋人になってください」
    「私で良ければお願いします」
    そう言うと彼は私の方へ来てキスをした
    「ファーストキス…」
    「あっ、ごめんなさい…」
    「…んーん、もう一回して?」
    「可愛すぎますよ」
    彼は真っ赤になりながら何度もキスをしてくれた

    きゅん

    19

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

  21. 私は溜息をついた
    彼氏がまた女の子と楽しそうに話していたからだ
    私といるときは静かなのに
    ヤキモチ焼くのはいっつも私の方だけ
    そう考えていると目の前に彼が座った

    「難しい顔して何考えてたんすか」
    「何でもないよ」
    「…俺って頼りないですか?」
    「え?」
    「いや、いつも何でもないって言うからちゃんと言ってほしいなーなんて…女々しいですか」
    「じゃあ聞くけど何で私の時はそんなに静かなの?いつも女の子と楽しそうに喋ってるくせに」

    つい可愛げなくいってしまった

    「それは…」
    「私ばっかりヤキモチ焼いて?バカみたい。それとももう好きじゃなくなった?」

    「違いますよ。俺だってもっと喋りたいしキスもしたいです。でも好きだから、大好きだから無理なんです。俺が持たないの。俺だってヤキモチ焼いてるよ?」

    そう言うと彼は初めてキスをした


    「ほら、俺真っ赤でしょ?」

    きゅん

    26

    佳髙ふみさんをフォロー

    通報する

▲