ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 53件ヒットしました

  2. 『調べ物をしているの?』
    「はい!今後の進路のためになるものを
    探しているんですけどオススメがあれば教えてくれませんか?」
    『俺のオススメでいいの?』
    「実は先輩のこと前から気になってて、
    話してみたかったから先輩がよくくるこの場所に居たって理由あるんです(//∇//)」
    『そうなんだ(//∇//)俺も君のことが
    気になって居たから嬉しいな!
    俺と付き合ってくれる?』
    「私で良ければお願いします(//∇//)」
    『じゃあ、調べ物をしてからデートしに
    行こうっか(//∇//)』

    きゅん

    5

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  3. 猫「ニャー」

    嘉成「どうしたの?危ないよ!
    もしかして捨て猫?
    僕ん家買えないんだよな」

    猫「ニャー」

    嘉成「仕方ない、飼い主が見つかるまで
    僕ん家来る?」

    きゅん

    4

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  4. 紫月は背伸びをした。


    その時…

    新汰『お前、怖いもの知らずか?
    ここは、俺たち華儺雯の集まりの場所だぞ』

    紫月「ごめんなさい🙏私、屋上の空気が好きで時々ここでのんびりしてました。
    もう行くので見逃してください」

    新汰『そうか!紫月だったかな?』

    紫月「はい!そうです」

    新汰『お前に、出入り許可を与える!
    そのかわり、俺たち華儺雯の姫になれ』

    紫月「出入りしても許してくれるなら、
    姫になります」

    きゅん

    3

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  5. チャラ男①『姉ちゃん、こんなところで
    何してるの?』

    チャラ男②『こんなところにいるってことは暇なんだよね?』

    櫻子「暇じゃないです!人を待ってるので」

    チャラ男③『嘘つかなくていいよ』

    莉斗『おい、俺の彼女に何してる!』

    チャラ男①『(チッ)男いんなら言えよな』

    莉斗『櫻子、ごめんな!こんな場所で待たせるんじゃなかった。これからは、一緒についてこい!』

    きゅん

    6

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  6. 『(私)、俺たちの族の姫になれ』

    私「族なんて…関わりたくないの」

    『俺が…いや、俺たちみんなで(私)のこと守るからさ』

    きゅん

    12

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  7. 皐月「奈流先輩、具合どうですか?
    倒れたと聞いた時焦りましたよ!
    こんな時ですみません。でも、言わせてください。僕は奈流先輩が大好きです!気づくと奈流先輩を目で追ってしまうくらい好きです!僕と付き合ってください」

    奈流「皐月くん、素直な気持ち伝えてくれてありがとう。皐月くんは、私なんかよりいい子いると思うよ。私にはもったいないから付き合うことは
    無理かな…」

    皐月「奈流先輩、後輩じゃダメですか?
    僕には、奈流先輩もったいないですが
    奈流先輩に釣り合うような男になるので
    付き合ってください!」

    きゅん

    4

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  8. 明音「音(りずむ)好きだ!
    俺にはお前が必要なんだ!」

    実「音(りずむ)さん、
    貴方のことが好きです!」

    羽太「音(りずむ)ちゃん、
    僕じゃダメ?」

    きゅん

    3

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  9. 『『『音、大丈夫か?』』』

    「心配かけてすみません!
    もう、大丈夫です」

    『こんな時に言うセリフじゃないけど、
    音のことが好きです!』

    『お前!なに抜け駆けしてんだよ!
    音、俺もお前のことが好きです!』

    『今は、音をゆっくり休ませることが
    大事だと思う!
    音、俺も音のことが好きです!
    返事は急がなくていいです!
    今は、元気になることに専念してください』

    きゅん

    5

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  10. 凛桜『桜空センパーイ!』

    桜空「凛桜くん!どうしたの?」

    凛桜『桜空先輩!………好きです!』

    桜空「(〃ω〃)」

    凛桜『桜空先輩のことを、初めて見たのは
    図書室でした。先輩は、怖い本を
    読んでました。その日、夕日に照らされた先輩の髪が輝いて、さらに整っている顔が引き立てられて見えました。そんな先輩に一目惚れしました。
    それから、先輩の優しい心に、
    胸が高鳴りました。
    僕と付き合ってください!』

    桜空「私ね、凛桜くんが人の良いところを
    見つけるのが上手なところ好きだよ!
    私でよければよろしくお願いします」

    凛桜『(*≧∀≦*)桜空先輩、
    ありがとうございます』

    桜空「凛桜くん、私のこと【桜空】って
    呼んで欲しいな!私達、カレカノだし
    敬語だと距離を感じるの!」

    凛桜『桜空ちゃんって呼んでも良い?』

    桜空「うん」

    凛桜『年下だけど、桜空ちゃんを
    守れるくらい強くなるから!』

    きゅん

    5

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  11. ガラッ

    『(私)大丈夫?』

    「うん!もう、大丈夫だよ。
    心配してくれてありがとう」

    頭ぽんぽんしながら
    『良くなったなら、よかった。
    (私)は頑張り屋さんなの
    知ってるからね。無理しないでね』
    「うん。無理しない程度に頑張るね」

    きゅん

    5

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  12. 『おっ!(私)ちゃん、
    久しぶりだね。最近、あまり見かけなかったから元気か心配してたんだ』

    「心配してくださってありがとう
    ございます!」

    『俺ね、(私)ちゃんのこと
    好きなんだよね!俺じゃ
    駄目かな?』

    「駄目じゃ…ないです!
    私なんかで、いいんですか?
    私も先輩が好きですけど、私に先輩は勿体ないです!」

    『(私)ちゃん、俺は(私)ちゃんじゃないと駄目なんだ!』

    きゅん

    4

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  13. 『これからもっともっと俺のいろんな顔を〇〇だけに見せるよ』

    「あ…あたしに…だけ…?」

    『うん。だから…俺にも…俺だけにいろんな〇〇を見せて』

    「それって…どんな…」

    『それいまきく?
    ここじゃちょっとな…
    人目がないからいいかな?』

    「そっそんなこと言ったって
    またすぐどこかにいっちゃう
    くせに…顔なんて全然見られなく
    なるじゃん…」

    『んーまあ確かに』

    「ほら!やっぱりテキトーばっかり
    嘘ばっか…」

    『約束!この先どこに行ってもどんなに離れていても必ずお前の
    ところに帰ってくる。
    それでいつかお前が大人に
    なった頃には迎えに来るって
    約束するよ』

    きゅん

    7

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  14. 『クラリネット少女の作品
    読んでみて!俺な、マイナーな
    作者の本が好きなんだ。けど、
    話が合うやつがいなくて…
    だけど、お前なら…わかってくれる気がしたからすすめてみたんだ!
    よかったら、読んでみてくれない?
    俺と話し相手になって!』

    きゅん

    7

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  15. 先生『ここ間違えてる』

    私「!!」

    先生『放課後補習に来いよ』

    きゅん

    2

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  16. 桜空「凛桜くん」

    ギュッ

    凛桜「うわぁ!」

    チャリーン

    桜空「凛桜くん、いきなり
    ごめんね。これ、鍵でしょ?
    制服に入れとくとまた落としてしまうかもだから鞄に入れた方がいいと思うよ」

    凛桜「先輩、異性に簡単に抱きつかない方がいいですよ。相手を期待させてしまいますよ」

    桜空「凛桜くんなら、いいと思ってしてしまったの。ごめんね、迷惑だったよね?」

    凛桜「桜空さん、ずっと好きでした。抱きついてくれた時、恥ずかしかったけど、嬉しかったですよ。僕、先輩のことが好きなんです。
    こんなタイミングで言うのずるいですが言わせてください。僕と付き合って頂けませんか?」

    桜空「凛桜くん、気持ち嬉しいよ。
    でもさ、私から言わせて欲しかったな。私は、凛桜くんが好きです。
    こんな私で良ければ付き合って
    もらえませんか?」

    凛桜「先輩ありがとうございます。
    桜空とカレカノに慣れて嬉しい」

    きゅん

    9

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  17. 『クールなふりしてるだけで、本当は凄く緊張してるんだよ?』

    きゅん

    1

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  18. (私)「やめて、離して…」
    。゚(゚´Д`゚)゚。
    『こいつは俺のだから、いじめていいのは俺だけ』

    きゅん

    2

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  19. 『好きな所を一つあげるのも難しいけど、嫌いな所をあげるのはもっと難しいんだな
    泣きたい時は泣けよ。…でも俺以外の男の前で泣くのは禁止な』

    きゅん

    2

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  20. 『ごめん、何言われてもお前のこと好き。嫌いになんて、一生なれない
    好きな所を一つあげるのも難しいけど、嫌いな所をあげるのはもっと難しいんだな』

    きゅん

    1

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

  21. 『ひと目見た時から、君が僕の
    「運命の人」だと分かったんだ。』


    『ずっと一緒にいたいと思ったのは、君が初めてだ。』


    (私)「先輩をからかわないで」


    『年下じゃ、ダメですか?
    本気で先輩のことが好きなんです』

    きゅん

    1

    クラリネット少女さんをフォロー

    通報する

▲