ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. わたしには好きな人がいた。
    けど、彼は暴走族の総長…手の届かない相手…
    諦めようと思ってたわたしに突然、奇跡のように彼の隣の席となり接する機会ができた。
    彼とわたしは少しづつだが、親しくなっていった。
    そして諦めようと思っていたが、たくさんの彼の新たな一面に今まで以上に惹かれていった。
    前より好きと感じていたとき1つの噂がわたしの耳に入る…
    彼には付き合っている〝 姫〟という暴走族にとって大切な存在がいるという。
    わたしは悲しかったが相手がいるのなら潔く身を引いて、彼の幸せを願おうと決意した。
    それからわたしは彼と話さなくなった。
    彼からは今まで通り話しかけられた。
    だが、わたしは無視し続けた。
    しばらく経ったある日の放課後彼に話しかけられた…
    彼「なんで無視するの?俺お前のことが好きなんだよ…」
    噂はただの誤報だったらしい。
    そして私たちは晴れて付き合うことになり、幸せな時を過ごした。

    きゅん

    14

    みぃば♡さんをフォロー

    通報する

▲