ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 64件ヒットしました

  2. 「はぁ~…なぁちゃん~お腹すいた~」

    「涼(りょう)、もう部活終わったの?」

    「うん…何作ってんの?」


    近づいてくる涼に焦って、私は慌てて隠す

    「え?なんで隠すの?」


    「だ、だめっ」


    「え~…いつもくれるのに…」

    涼はシュンとして、諦めたように近くの椅子に座った


    後は…ここに…名前をかいて…


    「なぁちゃんってさ……」


    「うん…?」


    わ…これ結構…難しい…

    「家庭科部の部長だよね…」


    「…うん…」


    「今日、天気いいね」


    「…うん」


    「好きだよ」


    「…うん」



    ん…?


    「……えっ?!」


    「なぁちゃん好きだよ」


    か、顔があつい…

    涼はいつも突然そんなこというから


    私だって_


    「涼!お誕生日おめでとうっ…ケーキ作ったのっ」


    「えっ?!ありがとう!」


    「涼、大好きだよ」


    _私だって涼をびっくりさせたいな

    きゅん

    5

    一 織さんをフォロー

    通報する

  3. 「新年早々、学校に来れるって幸せっすね!」

    「どこがだよっ」

    実は後輩が忘れ物をしたので一緒に取りに行ってほしいと言われて来たのだ

    彼の教室の前につくと、彼はなぜか立ち止まった

    「何してんの?早く取りに行きなよ」


    _ニカッ

    な、なにその可愛い笑顔は…

    若者のピチピチ攻撃か?!


    「じゃーんっ、黒板いいでしょ」

    「え…ハッピーニューイヤー…って…いつかいたの?!…ははっ…しかもカタカナでかいたんだ」

    「…好きです」


    「…へ?!…な、なに?!…なんで今?!…忘れ物は?!」


    「嘘つきました」

    「先輩に会いたくて」


    「…そんなこと言うキャラだっけ…」


    「…今日だけです…」



    「…返事は…ないんですか…」





    _チュッ



    「…返事……です…」


    2020 1/1

    私達の記念日になりました.*

    きゅん

    3

    一 織さんをフォロー

    通報する

  4. 人は何度、恋をして

    何度、大切な人と別れるのだろう

    「さむ…」
    私は今日も、君と並んで歩いている

    「…寒いね…」

    私達は友達だ

    でも前に、君が「好き」と伝えてくれた時
    本当はすごく嬉しかった

    クリスマスに誘ってくれたのもきっと_

    「…あ、見て!…綺麗じゃね?」

    「……綺麗……」

    イルミネーションがキラキラと眩しい

    「…なんで今日誘ってくれたの?」

    「…え?」
    その先が怖くて、でも、知りたい

    「…別に…お前と一緒に見たかった。それだけだけど?」

    恋ってなんだろう

    照れたり、キスをしたり?


    きっと、それだけじゃない

    一緒に居て、ありのままの自分でいられる人

    「…そ…かぁ」

    「なんだよ?」

    気がついたら側にいる人


    「だったら私は君だね」

    「なにが?」

    たとえ、何度辛い恋をしても

    人はまた恋をしてしまうのだろうか

    だとしたら私は


    君がいいなぁ

    きゅん

    4

    一 織さんをフォロー

    通報する

  5. 「……はぁぁ…これも可愛いぃ~……可愛すぎてしんどい……」

    突然ですみません

    私はBL大好きな女の子です

    …でも、私は、私だから!…って…

    …強気になれず…人目を気にして図書室の隅にいます…

    _ガチャッ

    「…?!」
    誰かきた?!

    とりあえず隠さなきゃっ

    あ~っ

    もう、寝たふりしかないじゃん~~


    「…あれ?誰か寝てる…」

    __タッ…タッ…タッ…

    え、待って来ないでっ

    「…………ま、いっか…」

    …あれ?

    前の席に座った……?


    「……やっば……やっぱこのBL作家さん好きだわ…」


    「…へっ?!」


    「あ、やっぱり起きてた」


    「そこ、隠せてないよ」

    __カァァァ


    「実は、俺もBL好き」


    「自分の好きなもの堂々と好きって言いなよ」

    彼は私に、大切なことを教えてくれた

    「……うん!」

    「…そして、その本を貸してくださいっ」

    「…あははっ…」

    きゅん

    2

    一 織さんをフォロー

    通報する

  6. 「……先輩好きです」

    「ごめんなさい…」



    「……って……これ何回やるの?!」


    「先輩が好きになってくれるまで」

    「だから私は好きになんないっ」

    なんで私なんか好きになってくれたんだろ?!

    しかもこんなに断ってるのに?!


    毎日、毎日…

    そんな真っ直ぐ見つめて言われたら…


    私は過去に恋愛で何度も失敗して

    もう恋愛はしないって決めたの


    「嫌です」

    「ぶほぉっ」

    なにこの子…

    日に日にあたり強くなってきてない?


    「じゃぁ僕のことちっとも好きじゃないですか?」


    「……」

    だから…


    そんな顔で見つめないで~~~


    「ほら黙った」


    …うぅ…




    「そういうのずるいです」




    「でも、そういう所も全部、好きです」


    「先輩」



    「俺に惚れてください」


    _ちゅっ


    「な、なにすんのっ」


    「顔…赤いですよ」


    「…~~~っ」

    きゅん

    7

    一 織さんをフォロー

    通報する

  7. 「………あ~~、イライラする」

    「なに、どうしたの」

    「女子にはいろいろあるの!」

    「あぁ……そっちか…」

    「なに?!」

    「はいはい、もう~怒んない、怒んない」

    _ぎゅ

    私の、背中をポンポンしながら優しく抱きしめてくれる

    「…お腹すいた、なんか買ってきて…」

    私は照れ隠しに、そんなことを言ってみる

    「何がいいの」

    「えっ、買ってきてくれんの?」

    いつも、嫌だっていうのに



    「1ヶ月に一回な」


    「ふはっ…生理と一緒に来るの?」


    「そう」

    私達は目を見て笑い合う


    こうやって、笑顔にしてくれるところ




    好きだなぁ…


    「惚れ直した?」


    「うん、したした」


    「おい~、それしてないやつ」



    …なに、待ってるの…本当…



    _チュ



    キスをすると、満足げに笑う君。



    「よし、何食いたい?」



    「ポテト」






    …好きだよ

    きゅん

    7

    一 織さんをフォロー

    通報する

  8. 私には彼氏がいる


    それは、とても甘い学校の先生


    「あの……」


    「ん?」


    「人来たらどうするんですか?」


    「じゃぁ、鍵閉める?」

    「えっ、いや、ダメですよっ」


    「ここ図書室ですし…」


    「ちゅ~~」

    先生はぷくーっと頬をふくらませて、キスをおねだりする


    「………ちょっとだけですよ」

    私がそう言うと、先生は「ん」と嬉しそうに目を閉じた



    _ちゅ


    「………」

    私は先生の頬にそっと触れるような短いキスをする



    「…ありがと」

    先生は幸せそうに笑う


    その顔…ずるい…


    まるで、大好きだよって言われてるみたい



    「これで仕事頑張れる」


    先生は私の頭をくしゃっと撫でた


    「よし、戻ろっか」

    先生は図書室のドアを開ける




    「…私は授業に集中できないよ」


    熱い頬を隠すように片手でおさえて、




    小さな声でそう呟いた。

    きゅん

    8

    一 織さんをフォロー

    通報する

  9. 「ち、遅刻~~」
    私は、全力で道路の端を走る

    こっち渡っとこう!

    私は急いでいたため、後ろを確認せずに反対の道路の端へと移動してしまった


    _チリンチリンーっ


    「え」


    わ、わっ

    っ…ぶつかる……


    私はぎゅっと目を閉じる



    _グイッ


    「…っあぶね」


    あ…れ…?


    「危ないよっ」

    そう言って去っていく自転車に何も言えず、私はただ呆然としていた



    び、びっくりした……



    「お前、危ねぇ」


    「あっ…す、すみませんっ」

    って…あ!!


    「遅刻!」

    私がそう言うと彼も「やば」と焦り始める


    「行くぞっ」


    「うんっ」


    あれ…?

    気づけば彼はさりげなく私を道路の内側にしてくれていた


    「……」


    「なんだよ」


    「…あ、ありがとう」


    「…別に…次は気をつけろよ…」

    そんな優しい彼に私は…

    少しドキッとしてしまいました。

    きゅん

    6

    一 織さんをフォロー

    通報する

  10. 「海花(みか)」
    「あ、真(しん)部活お疲れ様~」
    「海花もな」

    「じゃ、帰ろっか~」

    私達は同じ場所へと足を進める

    「ふぁ~」
    家に帰ると、真はごろんと床に寝そべった

    「あーっちゃんと手洗ってよ~」

    「う~ん…」

    「も~っ怒るよ?」

    私は真の元へかけより、腕を引っ張る

    _ぐいっ

    あら?
    逆に私が引っ張られてしまった…

    いつの間にか真は座っていて、私をぎゅ~っと抱きしめる

    「…今日のご飯なに?」

    「真が悪い子だったらうめぼしご飯にするよ」

    「え、やだっ」

    真はバッと立ちあがり手を洗って戻ってくる

    「あははっ」

    「今日は真の好きなオムライス」

    「やったぁ」

    「じゃ、ご飯作ってくるね~」

    「俺も手伝う、でも…その前に…」

    _ちゅ

    「愛情表現」

    「ふふっ…真すき」

    この時間が好き

    …真

    「愛してるよ」

    「俺は幸せ者だな」

    真は私を見て笑った

    きゅん

    8

    一 織さんをフォロー

    通報する

  11. 隣の席の心くんはいつも寝ている

    その寝顔が_

    めちゃめちゃ可愛いっっ

    可愛くて辛いっ…

    いつもいつもこっち向いて寝るから、ついつい見てしまう…

    「……ふふ…」
    な、なんか笑ってる

    「次、心」

    先生に当てられても起きない心くん

    「起こしてやってくれ~」

    先生が私を見て、そう言う

    そ、そんなこと言われても…

    話しかけたこともないのに…

    で、でも心くんのためだしっ

    _ツンツン

    「…心くん」

    「………ん」

    あ、起きた…?

    「心くん先生にあてられてるよ」

    「へ、うそ」

    心くんは、わかりません!と元気よく言うと席に座る

    「…ありがと!」

    _きゅんっ

    そして笑顔も可愛い…

    「う、うん」

    心くんと話したの初めて…

    「…なんか顔赤いよ?」

    心くんが私の顔を覗き込む

    そんな可愛い顔で近づかないでーー


    少しの勇気で恋って何かが変わるのかもしれませんね_。

    きゅん

    6

    一 織さんをフォロー

    通報する

  12. 「先輩~~待ってください~~っ」

    それでも、先輩は止まってはくれない

    「先輩~!一緒に帰りましょ~」

    _ピタリ

    あれ?

    先輩はピタリと急に足を止める

    「先輩?」

    先輩はこちらを振り向くと、今度はスタスタとすごい勢いでこっちに向かってくる

    「あっ、一緒に帰ってくれるんです_」

    _ドンッ

    「…ふぇっ?」

    な、なに?!

    先輩は突然私に壁ドンをするとぐぃっと私の顎を持ち上げた


    「……」

    _ドキッ

    「しつこい。」

    _チュ…

    先輩はそう言ってニッと笑った後、甘いキスをする

    く、クールだ……


    先輩は私のおでこにデコピンをすると、またスタスタと歩きだしてしまう

    び、びっくりした…

    「来いよ。一緒に帰るんだろ?」


    「は、はい!」


    今日まで私の片想いだった


    でも今日からは_


    _ギュッ

    先輩は私の手を握る


    今日からは先輩もきっと同じ気持ち。

    きゅん

    10

    一 織さんをフォロー

    通報する

  13. 「あ…今日もいる…」

    図書室に行くといつも雷(らい)くんがいる

    私はいつものようにお気に入りの本を読む

    「…ん…」

    ん?

    なんか珍しく雷くんがうなってる…

    って…えっ?

    「…うぅ…」

    ふと、雷くんを見るとお腹を抑えて俯いている。

    「…ら、雷くん…大丈夫?」

    私は急いで雷くんにかけつけると背中をさする

    「…お腹痛い…」

    「…保健室行く?」

    「…大丈夫…しばらくここで休む…ありがとう」

    雷くんはやっと俯いていた顔をあげると、ふにゃっとした笑顔になる

    ずっとクールだと思ってた雷くんだけど、
    …こんなふうに笑うんだ

    …あはは…以外と可愛い…

    「…ぅー…俺なんか変なの食ったかなぁ…」

    雷くんはコテンと机におでこをつける

    「…ふふっ…よしよし…辛くなったら言うんだよ?」

    「…なっ…子供扱い…しないで」

    …ドキッ

    雷くんは以外と可愛い男の子だったみたいです。

    きゅん

    4

    一 織さんをフォロー

    通報する

  14. 教室で一人少しオレンジになった空をぼんやりと眺める

    今日はいつもより帰りたくなくて、ずっと時間が過ぎるのをただただ待っていた


    「…おーい…誰もいないんなら鍵しめ………渚?(なぎさ)」

    「先生…」

    先生は何も言わず私に近づくと、頭にポンと手を置いた

    「…な、なんですか」

    「んー?なんか辛そうにしてたから」

    私の家はいろいろ事情があって、家に帰るのはいつも嫌だった。

    でも、今回はいつもよりもっとひどくて…

    もう帰りたくない。

    「…大丈夫です」

    私は立ちあがり仕方なく帰ろうとする

    「渚の心の居場所、俺じゃダメか?」

    「……」

    私の頬にサーッと涙が伝う

    「…おいで」

    先生はそう言うと手をパッと広げた

    優しそうに頬笑む先生に私はゆっくりと近づく

    _ぎゅ

    「…頭の中…先生でいっぱいにして…」

    _チュ…


    先生のキスはとても甘くて優しいキスでした。

    きゅん

    3

    一 織さんをフォロー

    通報する

  15. 「…ぅー…」

    授業中、私は机に顔を伏せてお腹の痛みに耐えていた

    私、現在…女の子の日なのです…うぅ

    席が一番後ろだったこともあり、さすさすとお腹をさすっていた

    「…どしたの」

    「…っ」

    突然、椅子をカタッとこちらに近づけて話しかけてきたのは隣の席の悠(ゆう)くんだった


    …ど、どうしたって言われても…

    い、いえないよぉぉ

    「…ん~…」

    「お腹痛いの?」

    「うん…」

    「先生呼んであげよっか?」

    「あっ…いいっ」

    …トイレだと思われてる…?

    「大丈夫だよ、せん_」

    「あーっ…せ、生理…だから」

    私は恥ずかしくて顔がカッと赤くなる。

    _?!

    突然、私のお腹に伸びてきた手は優しく私のお腹をさする。

    「よしよし…」

    「あっ、ちょ」

    「後で保健室でお湯のペットボトルもらってくる」

    悠くんは優しく笑う

    なんだか私はその優しさにドキッとしました。

    きゅん

    11

    一 織さんをフォロー

    通報する

  16. 「…はぁ…はぁ……んー…きつ…」

    俺何してんだか…

    なんか頭痛いなって思ってたけどまさか熱あると思わなかったし…

    俺は現在、学校で倒れて保健室のベットの上。

    _バンっ

    「だ、だ、大丈夫?!」

    「…ぶはっ…何回「だ」言うの?…けほっ…」

    突然、勢いよく保健室に入ってきたのは俺の彼女の凛々(りり)。

    …かわい

    「これっお茶持ってきたから。あと、おにぎり!」

    「…おにぎり?…ふっ…ありがと。移るのやだから戻りな」

    「え?やだよ」

    凛々は俺が寝ているベッドに座る

    それは反則だろ…

    …俺、頭ぼーっとしてるから何するかわかんねぇなこれ…


    「ごほっごほ…んー…いいから戻りな」



    「…そばにいたい」

    _っ


    _ぎゅーっ

    「あ、え」



    「…なに?」

    「いや…恥ずかし_」


    _チュ_



    「俺だって独占欲あるし。俺がいない間に他の男にナンパされんなよ?」

    きゅん

    7

    一 織さんをフォロー

    通報する

  17. 「永樹(とき)っていつもソーダのアイス食べてるね」


    「お前もいちご食べてるとこしか見たことねぇよ」


    「だって、いちごおいしいよ?一回は食べてみ」

    私はいちごのアイスを永樹に向ける


    すると永樹は驚いた顔をしたあと、

    パッと目を反らした


    永樹の耳はほんのり赤い


    …あ


    …恥ずかし…



    「あ、ごめ_」

    私は差し出したアイスを引っ込めようとする



    _ぎゅっ


    「……!?」

    永樹は引っ込めようとした私の手をぎゅっと掴んだ



    「…食べないって言ってない」

    _シャリ…



    永樹はシャリっと音をたてて、いちごのアイスをひと口かじった


    _ドキドキ


    心臓の音がうるさくて、



    「お、うまいじゃんこれ」


    ニッと笑う笑顔が可愛くて、


    「ひ、ひと口でかすぎ!」


    「いいだろ別に。この食いしん坊め」


    私はまた、この気持ちをごまかしてしまうんだ。

    きゅん

    6

    一 織さんをフォロー

    通報する

  18. 「…いちごのあいしゅ…」


    「ぶはっ…」

    寝ながらでも食ってんの?

    いちごのアイス


    卒業式の後、皆でいっぱいバスケして疲れたのかな


    自分の部屋で寝ている花那を見てくすっと笑う

    …寝顔…

    …可愛い

    「…」

    気づけば俺は花那の口元へと顔を近づけていた

    _パシ

    「…んん?」

    気づけば花那は起きていて、俺の頬をパシッと片手で挟んだ


    「永樹、何しようとしてるの?」


    「いや、なんもないです」

    俺は我に返るとパッと花那から離れた


    「…あははっ」


    …こいつ絶対分かってて言ってる…


    「お前寝ながらアイス食ってた」

    仕返しだ、食いしん坊め


    「へ?!」


    「夢の中でも食いしん坊だなっ」

    俺はニッと笑う


    「うるさいなーー」



    花那のおいしそうに食べてる顔、実は可愛くて好きなんだけど…


    これ、俺と皆の秘密な?

    きゅん

    7

    一 織さんをフォロー

    通報する

  19. 「うぁぁぁぁー」

    「いい加減泣き止みな、るい」


    私は今日で二年生になります。

    嵐とクラス離れたぁぁ……


    「るい!やばいよ!あそこ見て!」


    …え


    はーちゃん…?


    「るい、晴夜(はるや)と一緒じゃん!」

    「るい」

    嵐がそう大きな声で言った後、落ち着いた声が私を呼んだ

    「はーちゃん!」

    晴夜は私の幼なじみ

    私と同じ、今日から二年生になる

    「何泣いてんの?嵐ごめんね?いつもるいがお世話になってます」

    「なにそれーー、おかんみたいなこと言うなーー」

    「はいはい、嵐2階でしょ?俺ら3階だからまたな」

    「…晴夜いて助かった…るいよろしく!」

    二人きりになると晴夜は私をそっと抱き寄せた

    「るい泣くとか可愛い。反則だよ」

    「へ?何言って_」


    「俺、我慢できなくなる…」



    「幼なじみじゃいられなくなる…」


    新学期、幼なじみとの恋が始まりそうです。

    きゅん

    6

    一 織さんをフォロー

    通報する

  20. 2💕


    「うっさちゃーーん」

    「どわっふっ」

    「先輩…?急に抱きつかないで下さい?後、うさちゃんって呼ばないで下さいっ」

    私の後輩であり彼氏である兎夜(うさや)、あだ名うさちゃんがポッと頬を赤くしている。

    照れてるの萌えーーっ

    「で、どーしたの?珍しいじゃん。うさちゃんから私の教室呼びにくるなんて」


    「あの…」



    「これ、あげます。」

    渡されたのは可愛くラッピングされたチョコレートだった。


    「えっ、くれるの?!うれしい!ありがとう!」


    「…もうホワイトデー…終わっちゃったんですけど…すみません」

    「作るの難しいし…失敗するし…」


    「ぶはっ」


    「な、なに笑ってるんですか?!やっぱあげません!」


    「あ、あ、それはダメーっ」



    「うれしくて笑ったんだよ」


    「そ、そうですか?」




    今日もこんな不器用なうさちゃんが
    私は大好きです。

    きゅん

    6

    一 織さんをフォロー

    通報する

  21. 「あっ先生!」
    「あ、ちょうど良かった。」

    先生と階段で偶然会って私の胸はドキッと音をたてた。

    先生がそう言い、ポケットの中から何かを取り出すとこっちへこいと合図される。

    「…な、なんですか?」


    「これ、お返し」

    先生はそう言うとニコッと笑い、そっとポケットに入れた。

    「ちょっ先生…っ」


    「はいはい、すんません」

    「て、てゆうか何でくれるんですか?私のチョコ没収したくせにーっ」

    「え、だって先生だし。この学校チョコ禁止だもん。」

    「先生も持ってきてるじゃないですかーっっ」

    「ははっ」

    運良く誰も来ない階段で私達は笑い合う

    突然、先生の顔が近くに来たかと思えば触れそうな距離でピタリと止まる


    「…チョコおいしかったよ。」



    「せ、せんせ食べたの!?」


    「ぶはっ」

    きゅん

    3

    一 織さんをフォロー

    通報する

▲