ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 62件ヒットしました

  2. 塾の帰り道には、可愛い浴衣を着た女の子がたくさん歩いていた。

    「あ……そっか…今日、花火大会か…」

    なんとなく近くのベンチに座り、ボーッと空を眺めていると、小さな光がパチパチとはねた。

    1枚くらい写真撮りたかったなぁ…

    「ケータイもってくればよかった…」

    遠くて小さい。


    「……ちっちゃ」

    ん?

    いつの間にか隣のベンチに座っていた男の子がチッと舌うちをしてそう言った。

    …なら近くに行って見ればいいのに

    なんて思ったけど、聞き流すことにした。

    「…なぁ、ペン持ってねぇ?」

    「えっ…わ、わたし…?」

    塾で使ったペンを渡して数分後、男の子は私に一枚の紙を手渡した。

    そこには大きくて綺麗な花火が紙いっぱいに広がっていた。

    …え…?


    「あげる」

    「…写真じゃなくてもいいならだけど」


    …男の子のほっぺが赤い

    あれ…?

    私も…ほっぺが熱い

    きゅん

    2

    一 織さんをフォロー

    通報する

  3. 美術室で大好きな人の姿を描く。
    事故で記憶をなくしてしまった彼は、私との思い出を覚えていない。

    「ね、もう動いていい?」

    無邪気に笑っていたずらに笑う君にモデルをお願いしたのは、彼を描きたかったからだ。

    「まだだよ。もうちょっとだけ待ってて」

    涙が溢れないように、そっと笑う。
    彼にとって、私はただのクラスメイト。

    「なんかね、懐かしいな」

    え…?

    彼はニッと笑って私を真っ直ぐに見つめる。

    「分からないけど、ずっと君の真剣なその眼差しが懐かしくて」

    涙が溢れないように下唇を噛んで、私は笑った。
    泣いちゃいけない。

    彼の前では泣かない。
    思い出して。ねぇ、私の笑顔好きだって言ってくれたよね?

    君が1番に思い出してほしいのは、私の笑った顔。
    君と笑いあった思い出だ。

    「それに…笑った顔が、すっごく可愛い」

    ドキッと大きく心臓が鳴った。

    彼は懐かしそうに、はにかんだ。

    きゅん

    9

    一 織さんをフォロー

    通報する

  4. この状況、全く理解できない。

    なんで有名な総長さまが、放課後私を呼び出して顔を真っ赤にしているなんて、意味不明。

    「お、おいっ」

    「はぁ…?」


    「お、おっ、俺と付き合え!お前が好きだっ」

    この人はいったいどこで頭をぶつけてきたのだろう。

    周りで見ていた女子がきゃぁっと悲鳴をあげた。

    私がきゃぁって言いたい、違う意味で。

    「……お断りします」

    私はくるりと背を向ける。

    「おいっ、ちょ、お断りすんなっ」

    「ぶへっ」

    私の腕を掴んだ彼に、一発腹パンしてやった。

    「あぁ?女子にきやすく触んな、このへたれ総長さまが」

    やば…つい素が…

    「…怒った顔も可愛い!」

    …っはぁ?

    「かっこいい!好き!」


    「あぁ、もううるさぁぁぁぁい」


    こうして2人のおかしな関係は始まったのでした。

    喧嘩が強い総長さま。

    でもこの総長さま、恋は少し苦手のようです。

    きゅん

    5

    一 織さんをフォロー

    通報する

  5. 終礼が終われば、みんなこの教室からいなくなる。

    誰もいなくなった教室の窓から景色を眺めるのが好きだ。

    私のことなんて誰も見てないし、人目も気にしないでぼーっとしていられるから、この時間は大切。

    友達もいないし、クラスの皆と話すこともない、

    「……私なんて透明人間みたいなもの」


    「は?ちゃんと見えてっけど」

    無愛想な声。

    …葉山(ハヤマ)?

    同じクラスで人気者の葉山。

    当然、話したことはない。


    「てゆうか、」


    「ずっとお前しかみえてない」


    …な、なに言ってんの?

    近くまできたかと思えば、頭にポンッとのっけられる大きな手。

    「…透明人間になられたら困る」

    葉山とこんな近くで、初めて目があった。

    「好きだ」


    「…私のこと好きになる人なんかいるんだ…」

    思わず呟いたそのひとことに、葉山は笑った。


    「バーカ…俺の初恋だよ」

    きゅん

    2

    一 織さんをフォロー

    通報する

  6. 「あぁ~!そこのタマゴとってよ!」
    「うっせ、今それどころじゃないんだよっ」

    敵と戦いながら、イベント中のタマゴを集めるゲームなんだけど…

    「トワのばーかっ」
    「はぁー?!」

    トワが全然タマゴとってくれないんだけど?!
    もう知らないーー

    「…おい、マヤカ」

    ふーんだ、無視してやる

    「……現実の方がいいんじゃねーの」
    …?
    「…それ開けてみて」

    そう言って指差したのは小さな箱。

    …え、なに?

    「やだ。虫?」
    「ちげーわっ」

    …なんなのよ
    トワの頬が少し赤い。

    箱を開けると、そこには水玉模様のタマゴがひとつ。

    「あははっかわいい!なにこ__」


    _チュッ

    私が振り向いた時、トワは私の口に触れるようなキスをした。

    タマゴはパカッと開くようになってて、その中には小さな手紙がひとつ。

    _『スキ』

    不器用に書かれた文字が愛しい。

    「……エッグハントされちゃった」

    きゅん

    3

    一 織さんをフォロー

    通報する

  7. 「お疲れ様でしたー!」

    キャプテンの合図で今日も部活の練習が終わった。

    今年で最後のバスケ。

    そして、今年で先生に会えるのが最後の年になる。

    …私の好きな人

    バスケ部の顧問の先生である、廉(レン)先生

    バレンタインの日、私は勇気を出して先生にチョコを渡した。

    けれど私なんて、たくさんもらった中の一人なわけで…

    あー!もう、やめやめ!

    「私、もう少し練習して帰ります」

    誰もいない体育館で一人で練習していると、ドアが開く音がした。

    「…もうちょっと足つかってシュートしないと」

    突然やってきた先生は、私にそんなアドバイスをくれた。

    「はいっ」


    「それと…」

    先生は私に近づいて、「ん、」と何かを差し出した。

    …え

    チョコ…


    「頑張ってるごほうびに」



    「ちなみに……お前だけだから」



    初めて見た…先生の照れた顔。

    きゅん

    8

    一 織さんをフォロー

    通報する

  8. 「はぁ…」

    ため息をつきながらドアを開けた。

    でも屋上に来ると、息が少し楽になる。

    いつもそうだ。

    教室は息苦しい。

    「あーっ、もうまじやってらんねーっ」

    …え

    声がした方を振り向くと、屋上で大の字に寝転がっている…

    「先生?!」

    「うおっ」

    な、なんで先生が…

    変わっていると有名の名取先生。

    校長先生に怒られることもしばしば。

    「…あぁ、なんだ…校長かと思った」

    「呼びすて…」

    「あー?なんだ、説教しに来たのか?」

    「…違います、息を吸いに」


    「一緒だな!」

    先生はニッと笑った。

    私だけだと思ってたのに…


    「心を休めることも、大事なんだよ」


    先生のその言葉は、どんな授業よりも私の心に響いた。


    「また元気になったら、前を向けばいい」


    初めて学校で、私の居場所ができた気がした。

    きゅん

    2

    一 織さんをフォロー

    通報する

  9. 私には中学生の頃付き合っていた元彼がいる


    「帰ろ~」

    「あ、うんっ」

    友達と歩く帰り道

    いつも通りの帰り道


    「………」

    だけどいつもと違ったのは、後ろ姿の元彼を見つけてしまったこと

    ずっと、会いたかった…


    なのに足が動かないのは、もう彼が私を好きじゃないと分かっているから

    「……っ…」

    涙が溢れそうになるのをグッと堪えた

    こっちを振り向くことのない彼の、後ろ姿に呟いた


    「……大好きだよ、ずっと…」


    別れてからもずっと、彼で頭がいっぱいだった

    ごめんね

    でも、あなたがくれた言葉や思い出は宝物にしていいかな


    「急になに?!私も大好きだよ!?」

    隣にいた友達がびっくりしてそう言った

    「…ふっ…あははっ」


    あなたは幸せですか?

    きっと幸せになってください


    私は幸せです

    大好きな友達が、隣にいます


    「なに笑ってんのよ~」

    きゅん

    10

    一 織さんをフォロー

    通報する

  10. 「雫(シズク)!」

    呆れぎみに振り向くと、やっぱり蒼太(ソウタ)は変顔をしていた。

    …なんなのこの子は

    「早く行かないと学校遅刻するよ」

    家が隣の蒼太とはいつも一緒に学校へ行ってるけど、風邪をひいてしまい、私は学校に行けなくなってしまった。

    「雫!」

    今度はなに…

    振り向くと今度は、ズボンを頭からかぶって、もはや変人になっていた。

    前から思っていたけど、どうして私が風邪をひくとこうして変なことをするんだろう。

    …まぁ、いつも変なんだけど

    「ほんとに遅刻するよ」

    「…はぁーい、じゃぁいってきまーす!」


    「……ふふっ」

    ほんとに素直で可愛い

    「ちょっと忘れもの_って、雫が笑ってる!かわいぃ!」

    …?!

    「俺、雫の笑った顔が大好きなんだ!」

    …昔からずっと、風邪でしんどい私を笑顔にしようとしてたのか

    「…ありがとう」

    バカで変人で優しい君が、私も大好きだ

    きゅん

    1

    一 織さんをフォロー

    通報する

  11. 「つかれた…」

    部活も終わり、着替え終わって更衣室のドアを開けた時、誰かに腕をつかまれた。

    …な、なに?

    そのまま連れてこられたのは、誰もいない校舎裏。

    やっと彼はこちらを振り向いた。

    「…あれ?瞬(シュン)」

    瞬は、最近付き合い始めた私の彼氏。

    「部活お疲れ様!」

    瞬はいつものように、可愛い笑顔で笑ってくれる。

    …癒されるなぁ

    「ありがと!」

    「ところでさ…」

    瞬…?

    瞬の様子がなんだか変だ。

    まるでさっきまでとは別人みたいに…


    「俺がいない間、他の男に指一本でも触られた?」


    「…急になに?触られてないよ?」

    「そっかっ、ならいいんだけど!」

    …いつもの瞬だ

    さっきの瞬は、私が知ってる瞬じゃなかった。

    グイッ

    「わっ」

    少し強引にハグをされて、首にチクッと痛みを感じた。

    「…瞬?」


    「なんでもないよ、帰ろっかっ」

    きゅん

    8

    一 織さんをフォロー

    通報する

  12. 「あっ、お前は包丁持つなっ、怖いから!」

    家庭科の調理実習

    ここは女子の見せ所!…なんですが、同級生の星(せい)が、やらせてくれません

    も~っ、先生に良いところ見せたいのに~っ

    …私の彼氏は、家庭科の先生で、

    名前は睦月(むつき)

    皆には、内緒の恋愛なんだ

    「星!私にもやらせてよっ」

    「は?!お前、去年の調理実習でお皿割ったくせに!」

    「~~っ、いつまでひきずってんのよ!」

    「いいからお前は見てろ」

    「やーだっ」

    私は星に近づこうと、一歩足を踏み出した

    「そこっ袋が落ちてっ_」

    星の注意も遅く、私はツルッと足を滑らせた

    …こ、こけるっ…


    _ぎゅっ…


    …あれ?痛くない

    そっと目を開けると、私を抱きしめるようにして支えてくれている、睦月先生がいた。


    「…大丈夫か?」


    耳元で囁くように、先生は言った


    「…あまり、嫉妬させるなよ」

    きゅん

    3

    一 織さんをフォロー

    通報する

  13. 「もう帰るの?!」

    君はすぐ、どこかへ行ってしまう


    「…さっきヒロが他校に絡まれたっぽいから」

    「ヒロつえーから、大丈夫だと思うけど」

    また喧嘩…

    亜季(あき)は、私の焦る顔を見て笑った

    「ふっ…死なねぇよ」

    「わ、わかんないじゃんっ」

    もしナイフとか持ってたらどーするの?!

    そんなの…そんなの…

    「亜季…行ってほしくない…」

    亜季は、私にゆっくりと近づいてくる

    「ヒロのこと、ほっとけねーから」

    大きくて傷だらけの手が、私の頭をポンッと撫でた

    「……私も行く」

    「ダメに決まってんだろ」

    「やだっ」


    「…もしお前が殴られたら、」


    「俺そいつに、手加減できなくなる」


    なにそれ…

    まるで、私を大事にしてるみたいな言い方…むかつく

    亜季の唇に深いキスをした

    「っは……力抜けるからやめて」

    「…亜季、」

    好きだよ

    「…なんで泣いてんの」

    きゅん

    2

    一 織さんをフォロー

    通報する

  14. 「なに書いてんの~?」

    「わっ…ちょ、見んな」

    覗くと、そこには短冊があった。

    …お願い事、してたんだ

    「なんて書いたの?」

    「言うわけねぇだろ…はずいし…」

    …照れちゃって、可愛いな

    「私も書いたよ、それ」

    「ふーん」

    「なんて書いたか聞かないんだ?」

    「じゃぁ、なんて書いたんだよ」

    願い事は自由だよね。

    何を願ったっていいの。

    夢みたいなことだって、願ってみてもいいよねっ

    「幼なじみの…お嫁さんになりたいって」

    君と少しでも、一歩でも近づけたなら…

    私の幼なじみは、目を丸くしてとてもびっくりしていた。


    そして呟くように言った。

    「もう叶った…」

    その瞬間、彼の書いた短冊が風に飛ばされて、窓から外にヒラリと飛んだ

    毎年同じことを願っていた

    でも今日は、声で伝えよう

    「俺も…ずっと一緒にいたい」


    「「好きです」」

    2つの願いが、重なった。

    きゅん

    5

    一 織さんをフォロー

    通報する

  15. 「はぁーー…」

    「え、なになに、めっちゃくちゃ深いため息だな」

    深いため息をついた私にそう言うのは、生徒会長の渚(なぎさ)先輩。

    「だって先輩、世の中、理不尽なことばかりですよ!」

    「…なんの話をしているのかな?」

    「私…人間嫌いです」

    「…ふーん、一応、理由を聞こうか?」

    「……なに考えてるか分かんないからです」

    「突然泣いたり、勝手に怒ったり」
    「私にとっては正直そういうの、めんどくさいです」

    「…ま、俺も人間なんだけど」

    先輩はそう言って私に顔を近づけた。

    そして私のおでこにチュッと優しいキスをした。

    「これも、お前にとってはめんどくさい感情なんだろうな」

    先輩はふっと笑った。

    「…今、何しましたか」

    「おでこについてたゴミ食べた」

    「…先輩、熱でもあるんですか、頭大丈夫ですか?」

    「さ、仕事終わらせるよ」

    「……ファーストおでこキスなのに…」

    きゅん

    3

    一 織さんをフォロー

    通報する

  16. 「…ふん♪…ふふん♪」

    俺は鼻歌を歌いながら、廊下の窓からグラウンドを眺めていた

    …正確に言えば…幼なじみを見ているのだが…

    「…言わなきゃいけないことも…」

    俺は、はしゃいでる幼なじみを眺めながら、なんとなく口ずさむ

    「…君の前じゃうまく言葉にできなくて…」

    …本当にそうだよな…

    「…側にいるのが当たり前になってた…」

    …同じ制服を着て…昼飯一緒に食ったり…


    「……卒業式で見かけた後ろ姿…」

    ……あとどれだけ…そんな日々を過ごせるのだろうか

    「…必死に名前を呼んでた…」


    …あーぁ……俺らも…もう卒業かぁ……


    俺は大きく息を吸う


    「…なつあーーーっっ」


    俺は、好きな人の名前を呼ぶ


    すると君は、驚いた顔で俺を見上げた



    「なつあが好きだーーっ」



    あぁ、これは振られてもきっと


    …いい思い出になる



    君は無邪気に、笑って見せた。

    きゅん

    6

    一 織さんをフォロー

    通報する

  17. 「……止まないなぁ…」

    私は下駄箱の近くに座って、止まない雨をぼーっと眺めていた。

    ここで少し、雨宿りしようかと思ったけど、
    この調子だと止む気配はなさそうだ。


    ……ぬれて帰ろうかな…

    私がスッと立ち上がった途端、誰かに腕を掴まれる。


    「…傘ないのか?!」


    ……誰…


    「…は、はい」


    その人は自分の持っていた傘をズイッと差し出すと、言った。


    「風邪引くだろ!」



    「………ふっ…」


    初対面でなんなのこの人…面白すぎ…


    私は耐えきれなくなって吹き出してしまう。


    私が笑うと、彼も少し恥ずかしそうに頬を赤くした。


    「…ご、…ごめん…つい」



    …素直だなぁ


    「じゃぁ、相合い傘して帰らない?」

    私はニッと笑う。


    「お、それいいなっ」


    こんな日も悪くないな


    傘、困ってた人に貸してよかった



    「ありがとね」


    _彼に出会えたから

    きゅん

    2

    一 織さんをフォロー

    通報する

  18. 涼太さん……私といて、退屈ではないでしょうか……?

    _はっ


    わ、私…歩くの遅い?!


    いつも蛍くんに…歩くのおせぇ(←蛍くんの真似)

    と、言われていますし…


    私は迷惑をかけないように少し早歩きで進む


    「あの、」


    へっ?!


    「ふぁ、ふぁいっっ」

    …へ、変な返事になってしまいました……



    「ぶっっ…ははっ…」


    わ、わら?!




    「…すみませんっ…なんだか可愛くて」


    か、か、



    かわ?!



    「…あはっ…あはははっ…その顔っ…ビックリした顔、可愛いですっ」



    お、男の人にそんなことを言われるのは初めてです……



    『かーわい★』


    わーーっ


    な、なんで今、蛍くんが出てきたんですかっ


    蛍くんの、そ、それはっ


    …からかってるだけなんです!


    星もつけないで下さいっ


    私は熱い頬をごまかすように、ブンブンと首を横に振った。

    きゅん

    5

    一 織さんをフォロー

    通報する

  19. 蛍(けい) × らら

    「…これ…やる…」

    「わっ…クッキー…すごく可愛いです…」

    …今日はホワイトデーとかいう日なんだろ…

    女子って貰ったらやっぱ嬉しいもんなのかよ

    「…でも…なんでくれたんですか…?」


    「…は、……はぁ?」

    こ、こいつ…ホワイトデー知らねぇの?


    ……なんだよ…なんか俺が恥ずかしいだけじゃねぇかよ


    「あっ…今日は……」


    気づいたか…?


    「星が綺麗な日だからですか?!」


    「………」


    ……何いってんだこいつ…


    「…んっ…これおいしいですっ…蛍(けい)くんも一緒に食べましょう!」


    そう言って俺に差し出された星形のクッキー


    「おいしぃ~…」



    …そんなにうまそうに食うなら…


    勘違いだろうがなんだろうが…まぁ…いいか…


    「これ食べ終わったら学校行くぞ」

    「へっ…行きません…」


    「じゃぁそれ没収」


    「あ~~」

    きゅん

    2

    一 織さんをフォロー

    通報する

  20. 「はぁ~…なぁちゃん~お腹すいた~」

    「涼(りょう)、もう部活終わったの?」

    「うん…何作ってんの?」


    近づいてくる涼に焦って、私は慌てて隠す

    「え?なんで隠すの?」


    「だ、だめっ」


    「え~…いつもくれるのに…」

    涼はシュンとして、諦めたように近くの椅子に座った


    後は…ここに…名前をかいて…


    「なぁちゃんってさ……」


    「うん…?」


    わ…これ結構…難しい…

    「家庭科部の部長だよね…」


    「…うん…」


    「今日、天気いいね」


    「…うん」


    「好きだよ」


    「…うん」



    ん…?


    「……えっ?!」


    「なぁちゃん好きだよ」


    か、顔があつい…

    涼はいつも突然そんなこというから


    私だって_


    「涼!お誕生日おめでとうっ…ケーキ作ったのっ」


    「えっ?!ありがとう!」


    「涼、大好きだよ」


    _私だって涼をびっくりさせたいな

    きゅん

    5

    一 織さんをフォロー

    通報する

  21. 「新年早々、学校に来れるって幸せっすね!」

    「どこがだよっ」

    実は後輩が忘れ物をしたので一緒に取りに行ってほしいと言われて来たのだ

    彼の教室の前につくと、彼はなぜか立ち止まった

    「何してんの?早く取りに行きなよ」


    _ニカッ

    な、なにその可愛い笑顔は…

    若者のピチピチ攻撃か?!


    「じゃーんっ、黒板いいでしょ」

    「え…ハッピーニューイヤー…って…いつかいたの?!…ははっ…しかもカタカナでかいたんだ」

    「…好きです」


    「…へ?!…な、なに?!…なんで今?!…忘れ物は?!」


    「嘘つきました」

    「先輩に会いたくて」


    「…そんなこと言うキャラだっけ…」


    「…今日だけです…」



    「…返事は…ないんですか…」





    _チュッ



    「…返事……です…」


    2020 1/1

    私達の記念日になりました.*

    きゅん

    3

    一 織さんをフォロー

    通報する

▲