ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 私には好きな人がいる

    名前は新

    でも私の親友春の好きな人でもある



    そしたら急に新がやって来て

    「話したいことがあるんだけど

    放課後空いてる?」


    えっ、何この急展開


    「うっ うん」

    「よかった

    じゃあ放課後屋上で」


    あの、ちょっとは期待してもいいんですか?



    〜放課後〜


    「あっ!来てくれてありがとう!」

    「ううん 全然大丈夫」


    「あのさぁ……」


    そんなにためないでよ
    緊張するじゃん



    「お前って春と仲良いよな?」


    「……えっ」

    「実は俺春の事が好きで……

    手伝ってくんない?」


    「...あっ、わ、わ分かった」


    「本当?!ありがとう!!

    じゃっよろしくな!」


    そのままそそくさと帰っていった


    「……」

    「あぁーあ、失恋しちゃった」

    でも私が手伝わなくたって上手くいくよ




    「おめでとう両想い」

    きゅん

    3

    みひてぃんさんをフォロー

    通報する

  3. どうも!
    私、今日から高校一年の愛咲
    ちなみに少女漫画大好きな妄想癖女子

    「理想は図書館で高いところにある本を取ろうとしたら、あれっ取れないなんてっ
    そこにかっこいい彼が後から『はいっこれでよかった?この本面白いよね!』って、あ〜憧れr
    っえーーっ ああ、あんた誰?」

    『んっ?俺?翼 。』
    「あっ翼君。
    ってそんなこと聞いてるんじゃないわよー!
    なに見ず知らずの人にこんなことされなきゃいけないのー!!」

    『え、お前の妄想の中でも見ず知らずの人からされてただろ
    まさにお前の理想通りじゃん』

    「なんか私の理想とはちょっと違うんだけどー!」

    『まっこれからよろしくな!
    頼んでくれたらいつでも叶えてやるぜ』

    「えーーっ!!!」

    高校入学早々嫌な奴に絡まれました

    でもちょっといいなと思ってしまったのは秘密

    きゅん

    4

    みひてぃんさんをフォロー

    通報する

  4. 私たちは幼稚園からの幼なじみ
    でも……

    一度も同じクラスになったことがないんです!!
    今年は高校三年生
    同じクラスになるとしたら
    今年で最後のチャンス

    でもまた今年も違うクラスになるんだろうな……

    「なに寂しそうな顔してるの?
    もしかして、またクラス離れたら嫌だなって思って寂しそうな顔してるの?」

    『なっ、別にそんなこと思ってないからっ』

    「そうなの?俺は寂しかったけどなー」

    『うっ』

    「クラス分け表よく見てみて」

    『っは……一緒だーっ!!』
    「あら、なんとも大胆で」

    あっ、思わず抱きついちゃったよ

    「楽しみだね」

    今年はいつもと違う一年になりそうです

    きゅん

    10

    みひてぃんさんをフォロー

    通報する

▲