ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 6件ヒットしました

  2. ちょっ、お前急に何すんだよ。


    目隠ししても幼馴染の声ぐらいわかるって。


    で、何?


    …最近俺が構ってないから?


    もう高校生なんだから、俺の周りばっかいないで他の男とも話せよ。


    ひどいって…ひどいのはそっちだろ。人の気も知らないで。


    どういうことか教えてやろうか?


    こうやって、お前は俺にキスされそうになっても、なんとも思わないんだろ。


    …は?今、なんて…


    やっぱ言わなくていい。


    お前から言わせるとか、ほんと、俺かっこ悪…


    今から言うこと、ちゃんと聞いとけよ。


    俺は、お前が好きだ。


    ずっと昔から。

    きゅん

    3

    彩音⋆さんをフォロー

    通報する

  3. やっぱり来ると思った。


    こんにちは、生徒会長さん?


    なんで俺がここにいるかわからないって顔だね。


    文化祭前だからってさ、そんなに気を張る必要ないんじゃない。


    誰も知らないと思った?


    でも残念。俺の目は誤魔化せないよ。


    毎日昼休みの時間も惜しんで作業してること。


    会長さん真面目すぎなんじゃない?


    俺みたいにテキトーしててもなんとかなるのに。


    だから今日は、そんな会長さんの邪魔しちゃおうと思って。


    なあ、今から俺とイイコトしない?

    きゅん

    3

    彩音⋆さんをフォロー

    通報する

  4. どうした!?なんでお前泣いてんだ!?


    誰かになんかされたのか?


    嫌なことあったとか!


    え?違う?


    …コンタクトがとれただけ?


    ばっか、そういうことは早く言えよ。


    何してるのって、お前を抱きしめてるんだよ。


    こんなかわいい泣き顔、俺以外のやつに見せるわけにはいかねーからな。


    にしても、お前を泣かせるとかほんっと許せねーわ。


    コンタクトのくせに。

    きゅん

    2

    彩音⋆さんをフォロー

    通報する

  5. お前、屋上から身を投げようとか、またそんな馬鹿なマネしようとしてんのか。


    毎日毎日俺が止めてんだからさっさとやめろ。


    …やめる気はない、と。


    それなら、こっちにもそれなりの考えがあるんだけど?


    こっちに来いよ。


    っん!


    あーごめーん。強く腕引っ張ったせいでお前の唇奪っちゃったー。


    わざと?いや、これは事故だ。絶対に事故。


    まあでも?事故でもお前の初めてを奪っちゃったのは事実だよな?


    ってことで、俺が全部責任とるから


    これからは俺のために生きろ。

    きゅん

    3

    彩音⋆さんをフォロー

    通報する

  6. おはよー


    からの、隙あり!!


    このヘアピンはもらった!


    なんだよ、お前が朝からぼーとしてんのが悪いんだろ。


    俺が後から来てるのにも気づかなかったくせに。


    なんでいつも意地悪すんのって、


    そんなの















    お前が好きだからだけど、悪い?

    きゅん

    10

    彩音⋆さんをフォロー

    通報する

  7. 「あの子は渡さない。」


    「それはこっちの台詞だ。」


    「俺は、兄さんのことは尊敬してる。頭の回転早いし、賢いし、俺とは似ても似つかない。」


    「確かにな、お前みたいな馬鹿でまっすぐなやつが弟だとは思えない。まさか、こんな形で似るとは思いもしなかった。」


    「だけど、たとえ兄さんでも譲らない。あの子は俺がもらう。」


    「たいした自信だな。俺がいつも感情を表に出さないからって、俺よりお前のほうがあいつを好きだとは限らない。俺だって本気だ。」


    「わかってる!だから言ったんだ。兄さんに俺の気持ちを言わずにあの子に気持ちを伝えるのは卑怯だと思った。真正面から、兄さんと戦いたかったから。」


    「お前馬鹿だな、まあそれがお前のいいところだけど。俺はお前があいつを好きだろうとそうじゃなかろうと関係ない。あいつが好きになるのは俺だ。」

    きゅん

    3

    彩音⋆さんをフォロー

    通報する

▲