ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 今日も保健室でおサボり。今日は誰もいないし、ちょー快適!って思ってたのに


    ガラッ
    『おい、まーたサボってんのか?』

    「ち、ちがうよ!きゅーけいしてんのー」

    『ほんとに手のかかる奴だな』

    「うっさい」

    『俺にそんな口聞いていいんだ?』

    ドサッ






    先生が覆いかぶさってくる。








    「え?…先生?」















    『悪い子には、俺が補習授業してあげないとね?』

    きゅん

    2

    望木愛杏子さんをフォロー

    通報する

  3. 成績の悪い私は今日も先生と補習授業。

    「もう、飽きたー」

    『ほーら、ちゃんとやって』

    先生は、呆れ顔で教科書を指さす。

    「だって、わかんないんだもん」


    『これわかんないと進級できないから。
    ね?頑張ろ?』

    優しい声で私の顔を覗きこんでくる

    「…はい」

    『ん、偉いじゃん』
    って頭ぽんぽんしてくれる。

    先生、ドキドキして勉強どころじゃありません。

    きゅん

    2

    望木愛杏子さんをフォロー

    通報する

  4. さーて、先生も出張みたいだし…楽しもうか?(妖笑

    きゅん

    4

    望木愛杏子さんをフォロー

    通報する

▲