ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 5件ヒットしました

  2. 『ね~ね~』
    『いつまでこうしているつもり~』

    「うるさい黙れ」

    『他の人が、知ったらびっくりだろうな~』
    『普段は無口で誰も寄せ付けないのに』
    『授業に出ない理由が膝枕してもらってるなんて』

    「ふーん」
    「そんなこと言っていいんだ」

    『な、何よ』

    『ひゃっ、!!』

    「お前が弱いとこなんてしてるんだかんな~」

    『意地悪、俺様、悪魔』

    「なんとでもどうぞ~」
    「帰ってからた~ぷりお仕置きするだけなので」

    『○△*△**○・・・』

    「クククっ」

    きゅん

    7

    羅魅-rami-さんをフォロー

    通報する

  3. 私が通うこの学園は私立であり
    そしてここの学園長は普段はしっかりしているが
    それはみんなが知ってる顔
    だけど本当は甘えん坊
    何故それを知ってるかと言うと・・・



    放課後いつもどうり理事長室に向かう

    トントン
    私『失礼しま~す』

    理『どうぞ~』
    ガチャ
    私『今日も疲れました』

    理『俺の放が疲れたんだけど?』
    『癒してくれないの?』

    私『うぅ、それは』

    理『あ~ぁ幼馴染なのにな~』
    『酷いな~』
    『そんな子にはお仕置きだな~』

    私『な、何をするの』

    理『めーつぶって』

    私『・・・』
    『ひゃっ』
    急に後ろから抱かれ首筋を舐められた

    理『今日は一緒に帰ろうね?』

    私『うぅ、うん』

    きゅん

    2

    羅魅-rami-さんをフォロー

    通報する

  4. 【今は授業中のはずななだが...】

    『ね~ね~なんでずっと固まったままなの~
    せっかく校舎裏来て二人きりになってるのに~』

    〖それはあんたが後ろからハグなんかしてくるからでしょ〗
    【固まるなって言われてもドキドキしてどうしようもないのに】

    『じゃあ後ろからハグじゃなきゃいいの?』

    〖た、例えば?〗

    『僕の膝の上に座るとか?』

    〖そんなのもっと恥ずかしいじゃん〗

    『なんで~なんで恥ずかしいの~』

    〖なんでって言わなくても分かるでじょ〗

    『うーん、わかんないな~』

    〖意地悪、小悪魔め~〗

    きゅん

    2

    羅魅-rami-さんをフォロー

    通報する

  5. コンコン
    〖失礼しま~す〗
    『どうぞ~』
    ガチャ
    〖理事長先生授業中こんな時間になんの用事でしょうか〗
    『まぁ~そお言わずに』
    『それに何故名前で読んでくれないの~』

    〖それはいくら幼なじみだとしても今は理事長先生と生徒ですよ!それに授業中の呼び出しだからクラスの人にすごく見られなんだからね〗

    『まぁまぁそれで用事ってのはねちょっとこっちに来て』

    〖?どうしたの〗

    〖ひゃ!!急に何!?〗

    『いゃーね最近来てくれなくて寂しかったからさ~』

    【こっちの気も知らないで!!急にハグとかされたら
    やばいのに~】

    きゅん

    4

    羅魅-rami-さんをフォロー

    通報する

  6. 今日はハロウィンパーティだった...
    パーティーも終わり教室で1人考え事をしていた

    【はぁ~ 結局何も話すこと出来なかったな~
    あいつはバンパイアの格好してたな~】

    そんな考え事をしているときに近づく
    気配なんて気づかなかった

    そのまま壁ドンされ

    『 Trick or Treat』
    『 お菓子をくれなきゃお前の心をうばうぞ』

    近ずいて来てたのはさっき考えてた幼なじみ

    【やばい心臓のドキドキが止まらない】

    『さて姫様あなたの答えをお聞かせください』

    〖既に私の心はあなたに奪われてます〗

    きゅん

    4

    羅魅-rami-さんをフォロー

    通報する

▲