ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 結愛Said
    今私の横を歩いている幼なじみの雅人。
    急に君が
    「お前好きな人いんの?」って聞いてきて。
    は?と、聞き返す私に君は
    「だーかーらー。好きな人いんのかってきいてんの。」
    あなただよ。といったとしても君が困るだけだから。私は、
    『うちら中学生じゃん?好きな人ぐらいいてあたりまえなんだけど。』
    「俺じゃだめか?」っとぼそっと言うキミに私はどうしたの?って聞いたら。
    「俺じゃだめか?一番お前のこと思ってるし、ずっとすきでいる。好きな人がいたってかまわない。おれと付き合ってください。」
    そんなのいいよ意外の言葉があるわけないじゃん。

    きゅん

    2

    かのん❤さんをフォロー

    通報する

  3. ~竜也~
    俺、田中竜也。俺はこの横にいる幼なじみの莉奈が好きだ。
    ある日登校中、俺が
    『お前好きなやついるのか?』
    と、ためしに聞いてみた。そしたら莉奈は
    『え!?//////い、いるよ?』
    可愛いなぁ。いるのか。普通に言えるってことはおれじゃないんだろうな。はぁ、どうしよ。
    『りゅ、竜也はいないの?好きな人。』 
    俺ら高校生だよ?好きな人ぐらいいるでしょ。と笑って答える俺に君は悲しそうなかおをする。なんだよ。好きなやついるじゃん。俺にそんな顔してこないでよ。
    『す、好きな人とうまくいくといいね!私応援するよ!その子誰?誰?』
    関係ないじゃんと言う俺に泣きそうになりながら君は、
    『いいじゃん。私と竜也の仲じゃん!』
    と、いう。そんな可愛い顔しないでよ。
    おまえだっつーの!と、言う俺に君は私もだよと照れながら優しく笑った。
    そのとき、俺と莉奈の唇が触れた。

    きゅん

    10

    かのん❤さんをフォロー

    通報する

  4. 俺、高橋直弘は今教室で寝ている伊織のことが好きだ。
    伊織は寝ている。それを見るとふとチョコみたいなのが一瞬だけど見えた。
    ちょっと見てみると、『すき』と書いてあるチョコがある。
    俺は、誰にあげるのかの疑問と、もらうやつへの嫉妬でおかしくなりそうだ。
    俺は、『俺はずっとお前だけをすきだったのに、お前はそいつと仲良くつきあえよ。』
    と、ささやいてから教室をあとにした。







    私、中島伊織は直弘のことがずっとすきだった。
    そいつはすごくモテていて、チョコを用意したけど結局渡せず教室で寝ていた。
    目が覚め起きようとしたら直弘が入ってくるのが見えた。
    私は寝たふりをする。
    私のチョコが見えたのか、彼は、私の耳元で『俺はずっとお前だけをすきだったのに、お前はそいつと仲良くつきあえよ。』といって教室を出てしまった。
    ずっと私のことをすきだったの!?
    私はバッと起き上がって返事をしにいった。

    きゅん

    5

    かのん❤さんをフォロー

    通報する

▲