ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 7件ヒットしました

  2. 「はい。」

    「えっ?」

    片思い中の彼から渡されたのは、有名なお店のチョコレート

    「これって///」

    「///君のことが好きなんだ!受け取って欲しい////」

    「はい////」

    ドキドキのバレンタインは

    初めての逆バレンタインデー///

    きゅん

    1

    内藤 朱里さんをフォロー

    通報する

  3. 「よっ!今帰り?」

    「せ、先輩!?はい。これから帰るところなんです!」

    「そっか!じゃあ一緒に帰ろうぜ!」

    「いやいや!!先輩と並んで帰るなんて!恐れ多い、、、、。」

    「なんだよそれ(笑)いいからいいから」

    「先輩////あの、手が、、、/////」

    「好きな子とは手を繋ぎたくなるの」

    「好きな子って、、?」

    ちゅ//////
    繋がれた手を引かれてキスをされる

    「分かんない?」

    「////////ズルいです、、、」

    きゅん

    7

    内藤 朱里さんをフォロー

    通報する

  4. 運動会の借り物競走

    気になるあいつが紙を持って私を連れ出す。

    足の早いあいつと走るのはキツかったけど、何とか1着

    帰り際借り物の紙を見せながらポソッとつぶやく、、、。

    「お前しかいないと思った」

    その紙には、、『運命の人』

    きゅん

    6

    内藤 朱里さんをフォロー

    通報する

  5. 私の大好きな先輩は強豪バレー部の部長さん。今日、練習試合だと風の噂で聞いて思い切って応援しに来たのだ!
    決勝戦は苦戦していたみたいだけど、最後は先輩の強烈なアタックで優勝をもぎ取ったのだ!帰り際、部員の1番最後を歩いていた先輩に声をかけた。
    「先輩!試合お疲れ様でした!」
    「おう、ありがとな!....って見に来てたのか!?」
    「はい!風の噂で聞いたものですから(笑」
    「そうか」
    「優勝おめでとうございます!先輩の最後のアタックかっこよかったです!」
    「うん、ありがとな。」
    なんとも歯切れの悪い先輩が、心配になり声をかけながら顔を覗き込むと整った先輩の顔がだんだん近くなってきました。
    「せ、せんぱい??」
    「ん、お前の応援聞こえててよ。優勝出来たのはお前のおかげだ。」
    私はキスされたおでこを押さえながら、先輩の貴重な顔を忘れないように、幸せを噛み締めました。

    きゅん

    5

    内藤 朱里さんをフォロー

    通報する

  6. 「あの、、、文化祭の準備お疲れ様」


    「どうも。」



    「、、、い、一生懸命に何か作るところもか、かっこいいよ////」



    「、、、。」




    「、、、だいすきだよ、、」

    きゅん

    1

    内藤 朱里さんをフォロー

    通報する

  7. 今日は1年に1度の大切な日!
    女の子にとってパワーを与えてくれるバレンタインデー!!
    高校に入ってから、気になっている大好きな先生、去年のバレンタインは渡せなかったから、、、今年こそは!!

    「せんせーい」

    「どうした?具合悪いのか?」

    「ううん、先生に渡したいものがあって、、、これ」

    「チョコ、、今日バレンタインか!」

    「うん!先生に食べて欲しくて頑張って作ったんだよ。」

    「手作りか、ありがとうな」

    そう言って優しく頭をぽんぽんしてくれた。
    「/////」

    きゅん

    2

    内藤 朱里さんをフォロー

    通報する

  8. 最近気になる同級生
    人付き合いは苦手でパソコンオタク
    そんな人どうして気になるのか分からないけど、、、気になるものはしょうがない!!

    「、、、何か用事ですか?」

    パソコン部の彼を見ていたのがバレたみたい

    「なにしてるのかなぁーって?」

    「パソコンですが?」

    「、、、。」

    こんな彼に私は挫けそうです、、。
    でも!少しでも少しでも良いから彼に意識して欲しくて
    パソコン触ってると話しかけてもなかなか振り向かない彼に

    「ねぇ」

    「何ですっ!!!」

    後ろからギュッと抱きしめた
    ドキドキしすぎて心臓出そう、、、

    「ま、また明日ね!!」

    恥ずかしくて彼の顔を見ないままダッシュで逃げた。
    固まっている彼の顔が真っ赤になっていることを知らずに、、、。

    「////////」

    きゅん

    3

    内藤 朱里さんをフォロー

    通報する

▲