ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. はぁ・・・。
    やっと文化祭が終わった。とっとと片付けてまつりを迎えに行くとするか。
    「お疲れ。悪いけど俺先に帰るわ。」 「おー、お疲れ」
    「おい、まつり」 「あっ、ちょっと待って。・・・お待たせ」
    「お前、いつまでそんなみじけぇスカート履いてんの。俺以外にそんなん見せてんじゃねーよ。ムカつく。」 「そんなのあたしの勝手でしょ。私はなんでもあんたの言うこと聞いてるわけじゃないんだから。」 走り出そうとするまつりをみて思わず言った。 「・・・・・・好きだ」 「えっ・・・?」

    きゅん

    3

    美波ラブさんをフォロー

    通報する

▲