ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「…歌恋、お前昨日また男から告られてただろ。」

    「ま、まぁ。そうだけど…。
    どうかした??」

    「歌恋は、なんて返事したんだ??」

    「なんで?別に宗には関係ないでしょ。」

    「関係あるんだよ!」

    「なんでよ!
    私のこと好きでもないくせに…。」

    「俺…歌恋のことがずっと前から好きだ。
    何で俺がお前のこと好きじゃないなんて思ったのかはしらねぇけど、ずっと前から、俺はお前しか見えてないんだよ!」

    「え……嘘でしょ…。」

    「嘘じゃねぇよ。」

    トコトコトコ ギュッ

    「告白の返事は
    『好きな人がいるので、ごめんなさい』って断ったよ。
    ……私もずっと前から宗のこと…好きだから。」

    ギュッ

    「本当か?!
    嬉しすぎる!!」

    チュッ


    END.

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 屋上

    「〜っく、」

    佐倉さん…何で卑怯な事が出来るんだろ。

    最近はいじめと取れる行動も見えてきた。
    もう、教室にいるのが辛い。
    いっそこのまま飛び越えちゃおっかな。
    そしたら楽に…なれるでしょう?

    -バンッ

    「はぁっ…はあ、山口!」
    「っ、森吉君?」

    何で森吉君が居るの?

    「おい…何してんだ!降りろよ!」

    私の体は無意識のうちにフェンスを越えようとしていた。

    森吉君はそんな私をそっと降ろしてくれる。
    その温もりが暖かくて安心した。

    「先生にはもう言った。佐倉は今校長室に居る」
    「え?森吉く…んっ」

    唇にフニっと柔らかな感触が伝わり、頭が真っ白になる。

    「も、森吉君…!?」
    「ごめんな…俺、山口のことずっと好きだったのに」

    「…っ」

    今度こそ我慢していた涙が零れた。

    「…っ、森吉君わた、しも!」

    そう言うと森吉君はふにゃっと笑って。

    「可愛い、山口」

    そう呟いた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 体育館
    • 告白

    ダンダンッ

    女「先輩、どうしたんですか?
    放課後体育館で待ってるって。」

    先「いやー……えっとー………。
    ……3ポイントシュート入ったら、
    話…聞いてくれないかな。」

    女「……分かりました。」

    先「……よしっ!」

    シュッ…………コロコロコロ

    女「やったー!!
    先輩凄すぎです!!カッコいい!!」

    先「俺……ずっと前から、君が好きだ!!
    バスケを頑張っている所も、
    友達と笑いあっている所も、
    ちょっぴり勉強が苦手でドジな所も、
    全部全部大好きだ!!
    僕と、付き合ってください!」

    女「!?……はい!
    私も先輩のこと大好きです!!」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

織原千鶴さんのファンになるには…

野いちご会員の方

ログインしてからファン登録してください。

野いちご会員でない方

ファンになるには会員登録が必要です。

ファンとは…

【ファンの特典①】
ファンメールを配信している作家から、ファンメールが届くようになります。ファンメールとは、作家が新作のお知らせや、作品の更新通知、シークレット小説のパスワードなどをメルマガとして配信します。配信されたメールは、野いちご内にある会員専用メールボックスの中に届きます。

【ファンの特典②】
好きな作家の小説の更新情報を、会員専用ページにてチェックすることができます。

ファン登録できるのは、野いちご会員だけです。
より便利に楽しく野いちごを使うなら会員登録(無料)を!

▲