ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月05日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生

    授業中、先生の背を見るのが、ただなんとなく好きだ。

    「いいか。ここ、凄く大事だからメモしとけよ」

    それは私がただ、先生を好きなだけ。

    叶わない恋だって、よく言われる。

    それでも、先生を見ると、やっぱり好きが止まらない。

    放課後、一人で悩むのは癖だ。誰もいなくなった教室で、呟く。

    「葉山先生って、彼女いるのかな……」

    「いねえよ」

    「そっ、か……っ!?」

    顔を上げると、そこには葉山先生。呆れたように笑う顔は、意外と優しい。

    「あ、あの、忘れてください……っ」

    先生はいたずらに笑って、無理、と囁く。

    「何のためにそうしてたと思う?」

    「えっ……?」

    「本当、鈍いよな」

    するりと先生の指が、私の髪に触れる。そして、先生は私の耳ギリギリにまで近寄る。

    先生の熱が伝わって、身体が火照る。

    「俺はお前だけしか見てねえよ」

    優しく唇を奪うあなたは、ずるい大人だ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    ホームルームが、終わり帰る寸前だったとき、幼なじみの零君が声をかけてきた。

    「ねぇ、最近俺に冷たくない?」

    「そんなことないよ!」

    私は、皆にいじられるのが嫌で少し話すのを控えていた。でも、それもすぐに気づかれてしまい...

    「皆に、いじられるのが嫌なの?」

    「う、うん...ごめんなさい。」

    「謝るのですむと思ってるの?」

    「どうやったら、許してくれる?」

    私は少し、怪しげに聞いてみた

    「なら...」
    ギュッ
    後ろからハグをされ顔が熱くなって、私は下を向いて顔を隠した

    「隠しても無駄...そんなに可愛いんだからもっとちゃんと見せてよ」

    「は、恥ずかしいよ...」

    そして、優しくそっと零くんの唇が重なった。

    「もうあんまり、可愛くしないで...」

    「っ!」

    「そんなこと言われるとますます好きになっちゃう」
    二人とも顔が赤くなりながらももう一度キスをかわした..

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ずっと好きだった相手は大好きな私の親友と付き合っています。
    「陽菜…大丈夫。俺がいるよ…」
    そう言っていつも頭をなでてくれる。
    「先輩…私、先輩のこと好きになりたい」
    こんなに優しい2個上の先輩。
    もうすぐ先輩は卒業する。
    「俺は陽菜が好きだよ…」
    ずっと私のことを好きでいてくれる先輩。
    無神経なのはわかってるけどつい頼ってしまう。
    先輩だけが唯一ずっとそばにいてくれたから。
    それでも…
    「私はあいつのことが好き…だから…」
    「俺だって陽菜が好きなことは辞められないから、本気で好きじゃなきゃ恋の相談になんて乗らないよ」
    「先輩…」
    「だから、そろそろ俺のことだけ見てくれない?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

Q&A

ファンメールのよくある質問

(ファンメールノヨクアルシツモン)

◆ファンメールを送ったが配信されない
セキュリティの関係上、全てのファンメールは野いちご運営局が目視確認しています。
そのため、送信と、実際の配信時間には、必ずタイムラグ(時差)が生じます。
平日は最大24時間遅れでの配信となります。また土日祝日はお休みさせていただいておりますのでご了承ください。
配信の成否はお知らせメールにてご連絡しています。
お知らせメールが2営業日以上経過しても届かない場合には、お問い合わせください。
◆ファンメールが配信NGでした。なぜ?
個人情報の書き込み、特定のユーザへの私信、他サイトへのリンク、その他野いちごのルールに違反している内容が含まれているときは配信NG判定となります。NG理由はお知らせメールに記載されています。判定に疑問がある場合にはお問い合わせください。
◆ファンメールを受け取っている人を知りたい
プライバシー保護のため、公開していません。ご了承ください。
◆受け取ったファンメールに返事を出したい
サイトの安全を確保するため、個々のユーザ同士での野いちごポスト利用はできなく設定されています。
◆ファンメール送信停止処分とは?
ポスト機能を悪質な方法で利用するユーザに対しては、送信機能の停止をさせていただく場合があります。悪質な方法とは、野いちご利用規約に反する行為・表現を指します。
----------
◇個人情報の公開や交換
◇出会い目的の行為・表現、それを感じさせる行為・表現
◇年齢制限のある表現
◇官能を目的とした表現、過剰な卑猥表現
◇プライバシーを損害する行為・表現
◇他人を中傷するもの
◇罵詈雑言に類するもの
◇営利目的の利用
◇宗教などへの勧誘行為
----------
などが該当します。ご注意ください。

関連項目

登録日:08/11/18
最終更新日:18/09/23

▲