ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2017年11月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • ベタ惚れ【お題】

    バタン!!

    イキナリ何も喋らず彼氏に空き教室に連れて来られた。
    私は何も分からないまま積まれた机の方に詰め寄られる。

    「どうしたの??」
    私がそう聞くと目をじっと見てきた。
    「分かんないの?」

    少しムッとしている事だけは察した。
    私は脳みそをフル回転する。

    「…分かんないです」
    顔を下に下げるとクイッとすぐに上げられた。
    又もバッチリとあう目に頬が赤くなる。

    「お前、最近東堂と仲良すぎ。」
    東堂は同じクラスの同じ委員会のまぁまぁイケてるヤツ。

    「委員会一緒でしょ?だから…」
    「言い訳。お前はオレの彼女だろ?」

    オレより他のヤツと仲良くなんな。
    そう耳元で囁く。
    私の頬を再度赤くさせると
    ぷっと満足したように笑う。

    そして、私をギュっと抱きしめると

    「俺はお前にべた惚れなんだよ。お前もだろ?」

    そう言って頭を撫でた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • ベタ惚れ【お題】

    「るい、好き。」

    「あ、ありがとう。」

    照れながら私はそう返事する。


    彼氏のかずとは毎日のように「好き」と言ってくる。

    嬉しいけど、やっぱり少し恥ずかしい。


    「るい、好き。」

    「あ、ありがとう。」


    やっぱり恥ずかしいな、と思っていたら、


    「ねえ、るいは?俺の事好き?」

    「えっ…」


    そんなの好きに決まってる。顔を赤くして下を向いていると、

    「ねえ、言ってくれないと、キス、するよ?」




    「……す、き…」

    「よくできました。」

    そう言ってキスしてきた。

    「結局するんじゃん。」

    「可愛くて我慢できなかった。」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「たすけて……!」

    __________

    「はぁはぁ、そいつに触んな!」

    「ばか、くんの遅い…」

    「怖がったよぉー、ぐすっ」

    「うん。ごめん、もー大丈夫だよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

Q&A

通報

(ツウホウ)

◆通報とは?
通報とは、野いちご内で規約違反やマナー違反を見つけた時に運営局に直接知らせることのできる機能です。悪質な行為が続いたときの、最後の手段としてお使いください。その際は、必ず「通報をする前に!」をよく読み、必要事項を漏れなく記入してください。
◆通報するとどうなる?
通報があった場合、運営局がその状況を確認し、然るべき対応をさせていただきます。通報者の情報は一切公開されることはありませんのでご安心ください。また、対応の有無およびその内容につきましては、お問い合わせ頂いてもお答えできませんのでご了承ください。
◆通報されるとどうなる?
通報された場合運営局がその状況を確認し、利用規約等に違反していることが確認された場合、当該の書き込みは削除されます。また、悪質なユーザに対しては、会員資格剥奪などの対応をさせていただく場合もあります。

関連項目

登録日:08/10/31
最終更新日:12/09/03

▲