ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 切ない【お題】

    「なぁ、お前って好きなやつとかいねぇの?」
    …いきなり何を言い出すんだ、こいつは。
    あなたですけどなにか?私がどんな思いで毎日毎日君の恋愛相談を受けてると思ってんだ。
    …それらを全部呑み込んで、
    「いないよ」
    なんて笑って言ってみせる。
    「へー。てか、聞いてよ。さっきあいつと廊下ですれ違って、話しかけられてさ、それで…」
    あー、なんて顔で話してやがるんだ、この人は。
    私にはこんな嬉しそうな顔させることなんて出来ない。
    こりゃ完敗だよ。
    「え、ちょ、おい!?どうしたんだよ
    なんで泣いてんだ!?」
    いつの間にか溢れてきた涙が止まらずに流れ続ける。
    「違っ、これは…そう!ゴミが入っちゃって…」
    我ながらひど言い訳だな。でもこいつは
    「あぁ、そうか。大丈夫か?」
    なんて信じちゃうんだもんなぁ
    そーいう所を好きになったの
    だからもう、優しくしないで。
    もう笑わないで。
    これ以上、好きにさせないで…。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    「ねえ優(ゆう)まだ死にたくないよ」
    そーいうと彼は決まって同じ言葉を言ってくる「まだ生きてるよ」それだけそれだけだけど胸が打たれる私はそれほどまでに優のこと好き何だってことが改めて分かる私はもう直ぐ死ぬもう2ヶ月持つかどうかって言われたわかんないや
    私は優が大好きだ名前を呼ばれるたびに涙がでるまだやり残したことが沢山あるのに病気はまってくれなかった、それから1ヶ月が過ぎた、もう最近ではまともにすわることも出来ない、もう見えていた未来が。
    私は少し手紙を書いてみた"優へもし君がいて私がいないなら幸せな家庭きずいてね、私は来世にがんばるよ、君と私がいる明日のために"それを書き隠した
    その次の日やたらと身体が重かった目を開くと涙目の優君がいる「優くん私が好きっていったらどうしてた?」やばいもう意識とびそう「愛(あい)お前に告られたらいいに決まってる頼むまだ生きてくれ」「ごめんね」意識が途絶えた

    開く閉じる

    • 同級生
    • 校舎裏
    • 切ない【お題】

    『俺と別れて』

    そう言われたのはもう3ヶ月も前のこと。

    なのに、全然忘れられないの。

    君の口癖も、仕草も、全部覚えてる。

    笑った顔が好き。

    優しいところが好き。

    たまに口が悪くなるところが好き。

    全部好き。

    だけど、もう君は私のものじゃないんだね。

    まだ期待してる自分がいる。

    まだ君も私の事好きなんじゃないかって。

    無駄な期待をしてる自分がいる…。

    私から離れた君が、何をしても私のことを思い出してくれたらいいのに。

    私なしで過ごしていく時間が、私と同じくらい、悲しかったらいいのに。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

逢いたい…キミに。 (白いゆき/著)レビュー

★★★★★

感動しました

すごく感動しました!
登場人物の気持ちを考えるとすごく複雑で涙が流れたりもしました。
でも人を愛することの大切さがわかる素晴らしい作品だと思います。
読んで良かったと思いました!

たいみゆちゃん
(2014/01/08/17:00)

▲