空に奏でる (永以真子/著)レビュー

★★★★★

きみと見上げた、空の色。

たなびく雲に手を振って
風がふわりと撫でる青色

ぼくのとなりで笑顔が咲いた

優しい想いを、空に奏でて。


***

『空』を描いた詩集。
五七五七七調の美しい響きがそっと胸を打つ、ほのぼのとした20編です。

ひとりで見上げた空は眩しく、
ふたりで見上げた空は、こんなにも愛おしい。

淡くて、爽やかで、鮮やか。
切なくも優しい、空の色。

ぜひ、その目で触れてみてください。

水瀬由仁
(2013/08/25/11:13)