体育館の天井に挟まっているバレーボール (okitamiku/著)レビュー

★★★★★

タイトル惚れ

まず、この作品のタイトルに、とても惹かれました。

正直、どこの辺りでこのタイトルが関わってくるのだろう・・・?

と疑問に思ったほどです。

次第に読み進めるにつれて、先輩と後輩の恋愛。

それに関わる青い目の金髪少女。

途中で歪が出来るものの、とても明るい感じで、とてもほんわかとしました。

ひしひしと感情の伝わってくる文章に、いつの間にか口元がにやけてたり・・・

そして、最後に分かるタイトルの意味。

思わず、「あぁ~!」と口に出してしまいます。

短編ですが、とても読み応えのある作品です。

是非、ご一読を!

瑠鈴
(2013/05/30/22:36)