つゆのあめさんのレビュー

声を聴かせて
NANA/著

★★★★★

声なき少女と少年と、

純愛の形は大小様々、その姿も様々。
主人公の陽はチャラけた外貌に反して、童貞少年だった。
彼の抱える闇が本気で愛することを拒んでしまう。

そんな時に、彼が出逢った声の出ない少女亜澄。
彼女の無垢な存在と出逢うことで、ゆるりと彼の運命は変わっていく。

誰かを思うこと。
誰かを好きになること。
誰かを愛すること。

友愛や家族愛、そして最愛。
 
彼の生涯ただ一度きりの『本当の恋の話』を覗いてみませんか?

これは彼の、彼なりの純愛ストーリーなのです。



何気ない気持ちで読み始めた作品でしたが、とても熱中してしまいました。
切なく、胸を突く、けれど愛に溢れた物語を是非。

つゆのあめ
(2013/04/19/21:06)